スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

お花畑を動かせ (続編)

前回のお花畑の出来事ですが、やはり私もその後が気になって仕方ありません

次女から聞いた話で、あの後すぐに、と言っても明け方くらいにご両親は帰宅し

その時にまだストーカーが現場にいたのか、呼び出したのかはちょっと分からないのですが

ストーカーを家に入れ(入れてないかもしれません)ご両親を交えて話し合ったと聞きました

何を話したのかは不明ですが、恐らく皆さんと同様に考えてます

その話の後なのか前なのかハッキリしませんが日曜はストーカーが外にいたようで

彼女は外出禁止令を親から出されたと聞いてます

警察へは、今回の件でなのか過去にという事なのか、相談はしているようです


被害にあってる○○ちゃんは16歳、次女の一学年上らしい

ストーカーの男は少なくとも成人にはなっているらしい(4歳以上は年上という事)

男が言うには4年以上付き合っていたらしい(男と次女のやり取りで書いている)

別れたのは3週間前 (○○ちゃんから通話で直接聞いた)

男の執拗な束縛や異常な人間性が見えてきた事から彼女から切り出したという

その別れ話を断固として受け入れていない


そんなところだ


昨晩(月曜)22時頃 

次女がネット通話で誰かからの呼びかけに応えた

私は次女の声のトーンから例の彼女からだとすぐに気が付いた

何かしらの急用があったような印象を受けた

私はテレビを見ているフリをしながらも次女の会話に耳を傾けていた

次女の発する言葉、ワードだけで何を話題にしているのかすぐに理解できた


『そんなの脅しだよ』

『連絡は取らないほうがいいよ』

『もしもそうなったとしても・・・○○ちゃんに罪はないよ・・・』


最後のセリフには次女自身にも何かしらの罪悪感を臭わせるものだった


私は立ち上がり次女の後ろから背を叩いた

次女は『ごめんね今深刻な話をしているからちょっと待って』と言う意味であろう

手のひらをこちらに向ける仕草をとった

私はそれでも半ば強引に話しかけるのだった


私『相手の男が死ぬって言ってきたんだろう?』


なんだ聞いてたの? というような表情をした次女は通話を中断して応えた


『でもそんなのきっと脅しだよね?』


次女は私に同意を求めてきた 

その言葉で私の立てた仮説が間違っていないものだと確認できた


『それこそ警察に電話しろ 人命救助だよ 可能性はゼロじゃないんだ 警察に(自殺を)止めてもらえ

仮に脅しだったにしろ好都合だろう



次女は私の言葉にハッと気が付いた表情を見せ、すぐさまネットで彼女を呼び出した


『○○ちゃん すぐに警察に電話して!人命救助だよ』


その言葉が架空のお花畑の世界を動かしたようだ

その後数十分、ネット会話は途切れたが、後に会話を再開させる


『オレは(次女の一人称代名詞)かまわないよ 知ってる事全部話すよ』

『でも○○ちゃんの親は・・・知ってるの?言っても大丈夫なの?・・・』


なんだろう 警察に参考人聴取として話をするということなのだろうか

やはり何か親にも言い辛い闇がありそうだ

 

就寝時間の23時になっても通話を続ける次女に妻がいつものように寝るよう伝えるが

私はそれをとめた 

『いいんだ 続けさせなさい』


しかし次女は通話を切り上げ、立ち上がってこちらを見た


『今警察が来てこれから聴取があるようだから寝るよ』


その表情は何かスッキリとした顔つきになっていた


これで何かが大きく変わるのではないか

まずはあんなストーカーだが早まったマネをしていなければ良いのだがと心から願う


またご報告する機会があるかと思います(出来る事であれば)

ではでは 週末はVラリーに出店いたします







category
家族

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。