スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

お花畑の住人

ウチには高校1年の次女がおります 末っ子なんですが

上の2人は家を出ているので現在の我が家は私と妻とこの次女の3人で生活をしています

次女は幼い頃からパソコンに触れる環境で育ったためか、現在ではネット依存病と診断されてます

ええ、私が診断しました 別に病院で診てもらった訳ではありませんので

数年前に次女専用のパソコンを与えてしまったのが間違えだったのかもしれません

私達親との会話もそこそこでいつもパソコンの前に座ってます

私としては少々寂しい気持ちがあります パソに嫉妬心が芽生えます

しかし上の子達には厳しく育てたというちょっとした反省みたいなものがありまして

歳の離れた次女にはあまりうるさい事は言わず比較的自由にさせて育ててみようという気持ちがあります



081sa.jpg



パソコンで絵を描くのが好きな子で、その腕前は私から見ても

『ひょっとして天才かも』 って思うことがございます

そういった趣味の世界でネット上の友達が何人か、何十人か、よく分かりませんがいるようです


ここ最近は後付けのPC用カメラを取り付け、ヘッドフォンマイクでしょっちゅう誰かと会話をしています

常時ネット会話をしている訳ではなく常に待機状態とかで、前振りもなくふっとしゃべりだしたりします

当然こちらとしてはその場にいる自分に話しかけてるのかと勘違いし、ウキウキして応答してしまいますが

振り向きザマに冷た~い視線を浴びせかけられ、およびでない事を無言でアピールされる日々を送っています

また、普通に家族間で呼び合う時に当然わが子を名前で呼ぶじゃないですか

それに関してもつめた~い視線攻撃で無言アピールされてしまうのです

ネット上の友人達に自分の素性が解ってしまうようなワードはNGだと言うのです

だからカメラの前でわざわざマスクをして顔を隠して会話してたりするのですよ

えーーっと バカなのでしょうか最近の子は

まったくロクでもない子供に育ってしまったようです


ネット上の友人はどこの誰かも分からない、まるで実在しないお花畑の住人達

やっぱり親として気にかかる部分はありますね


さて、いよいよ本題に入ります

昨晩(土曜日)の23時

我が家には、(子供は)翌日が休日だろうと23時就寝という家訓があります

相変わらずネット通話を楽しんでいる次女に『もう23時だぞ』という感じで切り上げるよう促しました

するとちょっと困った顔をした次女が 

会話してる○○ちゃんちの前にストーカーがいるらしく、凄く恐がってるから力になってあげたい

なんて言うんですよ

こちらとしては正直半信半疑ですよ 

話しを聞けば○○ちゃんの両親は旅行に出ているため、今晩は家に○○ちゃん一人っきりで

そのストーカーは前に交際していた元カレで、かれこれ数時間外に張り付いていると


なんか出来過ぎてない? 言っちゃ悪いがあまり本気になってあげられなかったんですよ

翌日は休みだし夜更かしして話をしたい って思っても不思議じゃない年頃ですよね

それに力になってあげるって言ってもお花畑住人の次女がどうこうしてあげられるもんでもないだろうと

ストーカーが帰ったら会話を切り上げて寝る って本人は言うんですよ

じゃあストーカーさんがお帰りになるのは何時頃の予定ですか

本当に困っているなら親に連絡するとか警察に通報するとかしなって言いなさい

って次女に言ったんです ちょっと冷たかったかなって後で思いましたが

次女も納得したようでその旨を伝えてました

そのやり取り(○○ちゃんの声は聞こえませんが)を後ろで聞いていて

少なくとも次女はこの話しを本当に信用しきって本気で力になってあげたいのだと感じ取れました

そして私もちょっと疑いながらも、心のどこかで本当の話だったらその子が心配だという気持ちもあったんです


23時半 会話も途切れ途切れだし、次女もボードをカタカタ打っているだけで何がどうなっているのか

『どうなっているんだ?』

次女に聞いたんです

するとネットで○○ちゃんを呼び出して、何かアクションを起こしたのかと聞いていた

親に電話したけど出なかった と返答されたようだ まあ時間も時間だし

警察への通報はハードルが高過ぎるようで出来ていないという

結局は何も進展がない状態ではないか

近くに頼れる大人がいなければ警察に通報しなさい と再び口を挟ませてもらった


0時 どうにも何も進展はなさそうだ

このまま朝まで起きているわけにもいかないだろう

次女に『(○○ちゃんと)パパに話しをさせてくれ』 と切り出した 

本当の話にせよ作り話にせよ、大人があなた達の会話を聞いているという事を伝えたい


私は冷静に○○ちゃんに問いかけた

この場に及んでもまだ信じ切れていない事態を把握するために


『警察へ通報するのは気が引けるの?こっちから通報してあげようか?』



するとか細い声で○○ちゃんが応えた


『そちらにご迷惑でなければ・・・』


予想もしていなかった返答の途中 このタイミングに○○ちゃんの両親から電話が入ったようで


『あ、親から電話が ちょっと出ます』

そういってしばらく無音状態になった

私の隣では次女がパソコンをいじりながら


『ストーカーが帰るって言ってるよ』







え?・・・






ちょっと待て どういう事だよ ストーカーの男と連絡が取れるの???


次女はパソコン画面を指差し何だか少し微笑んでいた





1431803121118q999.jpg






これ・・・ガチでヤバいやつじゃん・・・






ちょっと血の気が引いた

全て本当の話だった 少し疑ってかかった自分が恥ずかしい

なんていってる場合じゃなくこのストーカーもマジだ ガチでヤバい

次女がずっとボードを叩いてたのはストーカーとやり取りをしていたのだった

そうか、元は付き合ってたのだから当人同士はフォローしてて不思議はない

次女も彼女とつながっていたからそこからたどっていけたのだなと

全てのやり取りをここにあげるのはやめますがそこには次女とストーカーとのガチバトルが繰り広げられてました

もうホントそんな大事な事早く言えよ このド天然が


ともかく、○○ちゃんはご両親と連絡がついたようだし

その後の対応はそちらにお任せするしかなさそうだ

元々がお互いお花畑なのだし何の個人情報も共有していないのだから

こちらとしては彼女からストーカーの姿がなくなったとの報告で切り上げる事になった


なんかホントにゴメン 結局なんの役にも立たないダメオヤジで

むしろ次女の足を引っ張ろうとしてたクズジジイでごめんなさい


この話にまだオチは付きません

架空の世界の○○ちゃんが平穏な暮らしを取り戻せるまで

自分に何が出来るのだろうと昨晩から考えております

ストーカーの彼を更生させるのが一番いいのですが方法手段が全くわからないです


そして次女の正義感と勇気には驚かされました

まだまだ子供だなんて思っていたけどいつの間にか立派になってたんだと

バカだろうが天然だろうが不思議ちゃんだろうがかまわない 十分です


願わくばもう少し自分の身も案じてくれると嬉しいです

そしてすぐそばにいるこの父にもっと相談して欲しいなと



最後に、このツイッターの画面が報道番組に取り上げられるような日が来ないことを心から願っています

この件に関して皆様のご意見がありましたら聞かせてもらえたらありがたいです




来週末はVラリーに出店します
category
家族

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。