スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

屈折30年

皆さん、どうもどうも なんかご無沙汰しちゃってすみません

まあ忙しかったとか言い訳はどうでもいいとしてですよ

とりあえずナニから話したらいいかなと

10410743_424964527643346_4738868529143209901_n.jpg

ちょっと遅くなりましたが、憧れのDAY☆TRIP meetingでライブやらせてもらいました

やっぱりバンドは素直に楽しいのですよ

生活にも張りが出るしね


まあ私はギターを担当している訳で、ギターの話ししか出来ないんですが

私はエレキギターというものに凄い魅力を感じるんですよ 大好きなんですね

でもコレクターとかマニアって訳ではないんですよね

今更気付いたんですがどうも私ギターをいじるのが大好きなんですよ

これバイクをいじるのが好きって人と通じるものがあると思うんですが

いじるといってもメンテナンスって事じゃなくて改造が好きなんですね

今まで自身で色々なパーツ交換を繰り返してきました

その都度本人にしか判らないような微妙な音質の違いとかに喜んでたんですね

その心はまさに純粋な少年そのものなのですよ


で、こちらのレスポールモデルなんですがもう30年の付き合いになります

1406789240005.jpg

元々は渋い大人のギターだったのですが30年の年月を経て精神異常者のようなギターになってますな

こいつボディーとネック以外、取り外せるパーツは全てと言っていいほど換えちゃいました

一回ボディも塗装したんですが結局あまり気に入らず剥がしました

実はこのステッカーは塗装の剥げやスイッチ取り付けの為に開けた穴を隠すのにも役立ってます

国産メーカーではありますが結構な高級ブランドかと思います

1406789286564.jpg

元に戻せるパーツ交換ならまだしも、もう元には戻せない 取り返しの付かない事もしばしばやっております

ESPというブランド看板を背負っていながらも、このギターの市場価値はもうゼロに近いと思います

全て私の責任です まあ売ろうとも思いませんけど


もう家族よりも長い付き合いのギターで弾きなれてて正直言って超大好きなのですが

一点だけ不満と言うか『ここどうにかなんないのかよ』と思うところがあるんですよね

それはこのギターに限らずレスポールなら仕方の無い部分なのでしょうけどね

レスポール唯一の弱点なのではないかと思うのです

image013.jpg


ネックとボディの接合部分 ハイポジションで弾く時この角が邪魔でしょうがないんです

フレーズによっては弾けません

私どちらかと言うと身体の割りに手は小さいんですよ 致命的に

元々レスポールとかがこの世に誕生した時代に(1952年)

まさかザックワイルドみたいに弾き倒す人間が出てくるなんて当時考えもしなかったんだろうと思いますし



で、この30年の間に何百回この角を削り取ってしまおうかと考えた事か

しかしこの部分は非常にアンタッチャブルな部分かとお見受けしとる訳でして

ネットとかも含めて、ここを削ったという人を見かけたことが無いんですよね

なんかいい方法とかアドバイスみたいなのが聞けたらと思って検索したんですが・・・

それだけ重要な部分なのでしょうか それこそ取り返しの付かない

仮に切創に成功したとして、そんなに劇的に弾きやすくなるのかって言う疑問もあるし

とりあえず個人でやるリスクはメチャ高でその効果は一体どうなのよ?っていう

そんな感じで30年間いつもあきらめてきたんですよ ええ

30年ですよ 想像できますか 30年

この角には積年のうらみつらみがあるわけでして・・・


最近になってですがバンドをやるにあたって新しいギターも手に入れちゃったりしてね

さすが平成のギターですね レスポと比較して全然弾き易いんですわ

それが逆にジェラシーになるんですね メラメラと


気付いたら木工ヤスリを手にしてましたよ はい

1406789270408.jpg

30年の歳月を超えついにやっちゃいました  太陽が眩しかったから・・・かな

一応この位なら大丈夫かなぁと恐る恐る削っていきました 多分大丈夫だと思います

欲を言うならもっと削りたいのですがこの辺でやめておきます 怖いからね

1406789249912.jpg

で、その結果の弾き心地はどうなのかっていうとさ・・・


もう劇的

超弾き易くなりました とは言ってもストラトのハイポジション並みですが私にとっては革命的です

屈折30年 大好きな本命ギターが革命的に弾き易くなった訳です そりゃ嬉しいですよ

長年連れ添った妻がいきなり巨乳になって帰ってきたみたいな喜びがありますね ないか

結果オーライ 決断に大満足です 逆に30年も躊躇してきた事に腹が立ちますわ

まあまさか誰も真似しようと思わないとは存じますが

やるなら自己責任でやれよ と


ちなみに削った後の木地はやっぱり何か塗った方が良いのでしょうかね

前に何かの記事で『ギターの一部分だけ無塗装にして木地を出した方が良い』って聞いたんですが

もし知っている人がいらっしゃいましたら教えてもらえると助かります


そしてまだ先ですが11月に行われるD-meetingにライブ出演する事になりまして

とてもいい感じで残り短いだろう人生を送っております 押忍

もう今の気持ちで言うと絶対レスポールで行きますよ って感じですわ



みんなも好きな事やってる?










category
ギタ-

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。