スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

携帯電話とタバコと私② 

大盛先輩からの2回の着信と何故か妻からのメールがあった

あー やっぱり激怒しているだろうなぁ・・・ 電話するのイヤだなぁ・・・

とりあえず現実逃避したい私はまず妻からのメールを開くのだった



『応答せよ 大森さん達は足柄で待っている』


メールの着信時刻は10時17分  

ちなみに現在時刻は10時30分 約束時間から1時間30分オーバーといった場面である


な、なにー? え?どういう事? 

まさかまだ足柄SAで私を待っていると言うのか

後から聞いた話だが、どうやら足柄SAには駐輪場が2箇所(もっとかも)あるみたいだ


大森さんからの着信履歴は・・・9時17分と9時32分

これらの要素を元に私の脳内スーパーコンピューター『軽』が瞬時に状況予測をはじき出す


まず約束時間から17分経過の時点で大森さんの懐の大きさ具合が限界を超えたと

皆も覚えておいた方がいいだろう 17分 ここが温和な大森さんの飽和点である

そして32分が苛立ちのMAXであったと推測できる ここは重要である

こんな時間帯に到着したものなら最も無慈悲な報復を仕掛けられ惨殺されるだろう





mujihinasigeyan.jpg


恐らく大森氏の感情の起伏、

バイオグラフの頂点は大体15分ごとにやってくるのだと学習できる

私が足柄に到着した時に勘違いで合流できなかった事を

今になって会わずに済んで良かったと振り返る

何故ならその時刻は9時45分 

最も恐ろしい第三の怒りピーク真っ只中であったろう

そこで氏に会っていたら私はこの記事を書く事もなかった

今頃は足柄の土に還っていたに相違ないからだ


氏の無慈悲な精神状態は長く続くことになる

恐らくきんさんルルさんも少なからず無慈悲なグチを聞かされたはずである


しかしそれでも私は現れないし連絡もよこさない

『あいつ待ち合わせ時間9時を10時と勘違いしてるんじゃないか?』

きっとそう思ったはずだ そうあってほしいと

しかし10時を過ぎてもやはり来ない

いくらなんでもおかしいぞ

そろそろ考えたくない事が頭をよぎるはずである


『アイツ事故ったんじゃないのか?』


そんな事を思い始めたら今さっきまで考えていた無慈悲な攻撃計画が

人道的に極めて恥ずべきものだったと後悔し始めるはずである

こうしている今、ひょっとしたらアイツは生死の境をさまよっているのかも知れない

ほーら 段々ソワソワしてきた事だろう


『まさか!!アイツ、まだ寝てるなんて事はないだろうな』


一発大逆転の祈りを込め我が家に電話をかけたのではないかと予測する

そこに妻が出て『ちょっと寝坊したけどすぐに出ました』的な事を言われたに違いない

その直後の妻からのメールだ それが10時17分

と言う事はだ、大森さんの感情 

元々は『怒り』が時間を経て変化をし現在は『心配(?)』という感情となり、

妻と会話をした事でそれが確信となって第一の心配ピークとなったはず

氏の感情のバイオグラフィーに習って、その15分後に第一以上の第二心配ピークが襲ってくる

そのタイミングで無事である事を知れば

『心配』の絶頂から開放される安堵感は快感とも呼べるモノになるに違いない

もう怒るどころの話ではないはず ああ無事で良かった 神様ありがとうとなるはずである

よし、いけるぞ

じゃあそのタイミングはいつなのか・・・



ドンピシャの 今でしょ!




やはり神様は私を見捨ててはいなかった

このベストなタイミングで携帯を差し出してくれたのだ


今日のスーパーコンピューターは冴えわたっている

私は即行で大盛先輩に電話するのだった


わずかワンコールで出たその声に怒り的なものは感じ取れなかった

『お前今どこにいるんだ』

よしいいぞ 予定通りだ 

まず自分が今いる場所

『沼津のローソ○(コンビニ名)です』と答え

謝りながら前回の話をギュっと濃縮して5秒で話した

やはり何となく先輩の安堵感を感じとった私は、よしこのままいけると確信を持った


『じゃあすぐそっちに向かうから、その場で正座して待ってろ』


『はいっ』


と電話を切る私の口元はニヤリと不適な笑みを浮かべているのだった

ふふふ やはり私の方が一枚上手のようだ

すでにその場で正座をして電話をかけているのだからな




無事に合流できた私は大したお咎めを受ける事も無く予定通り沼津港で昼食にありつく

といっても私にとっては朝食だった


1621928_496870357084373_139.jpg

私は無慈悲なテッカドン(ウニ付き)を胃袋に打ち込まれたのだった


その後Kingdom MF主催のプライベートキャンプに参加させていただきました

004_2014032217533333b.jpg

絡んで頂いた皆様ありがとうございました


お疲れ様っした





PS

翌朝(私にとっては結構な早朝)

先輩方の気配で目覚める 外はまた雨

テントのチャックを開き外を見ると慌しく撤収作業を始めている皆さん

あ おはようございます 

とはいえやはり目覚めの悪い私はまずはタバコに火を点すのだった

ぼーーーっとしながら吐き出す煙を見つめておりますが心の中では超急いでいるのです

ここで暖かいコーヒーが欲しいところなのですがそんなKYな事出来るはずも無く

さっさと着替え合羽を着、フラフラしながら自分も撤収作業を開始します

あーのど渇いた・・・

『ちょっと一服入れませんか』

その言葉を言うタイミングを見計らっておりましたがなかなか難しい状況でした

気が付いたらバイクに積載完了 エンジン始動

大森さんが一言

『それじゃあ次は秩父でな』

そう言ってバイクに跨った


え?ここで解散てわけじゃないっすよね?

途中SAかなんかで朝食とかとりますよね 

いや、せめて朝のコーヒーくらいは ねえ


まさかと思っていたらノンストップで我が家に到着しました

これだから早いタイプのバイカーは・・・

ねえ


でもやっぱり すみませんでした(遅刻)

押忍


category
大森先輩

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。