スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

憧れの音色

おい奈良のナカハタの息子 リョウこの野郎

油断してやがったな がんばってギター弾いてるか

今回はギターの話だ 心して読むように


大森先輩に言われるでもなく最近のMTG出店時には象野郎を持参しております

あまりにも手軽過ぎなため家でも象野郎ばかり弾いてしまいます

ちょっと埃をかぶり気味なレスポール君が不憫ですが

とは言っても趣味レベルなんで1日に30分程度しか弾いてないんですけどね

それでも1ヶ月以上とか弾かないでいるとあっという間に腕が落ちるんですよ

人体の神秘ですね


ホントに小学生の頃からエレキギターに憧れてまして

意味もなく楽器屋へ行ってはニヤニヤ眺めてましたね

でも当時 ROCK エレキ = 不良 という昭和の方程式がまだ残っておりまして

親に買ってもらえる望みは0パーセントでした

そんな親から中学の時に『フォークギターならいいだろう』という事で買ってもらったフォークギター

そのフォークギターと同じ位の金額で安いエレキ買えるのに

『エレキはダメ絶対』となんか覚醒剤と同等の扱いなんですからまいります

買ってもらう分際なのですが親に対する反逆精神が産声をあげましたね

多少はフォークギター触りましたけど夢中にはなりませんでした

私はハードロックなギターが弾きたかったのです


高校生になり即行でアルバイトを始めました 当然エレキを買うためです

時給410円という多分市内最安値のバイト そこしか雇ってくれなかったからだ

恐ろしく時給が安いと全国的に有名だった当時のマックでも430円だった

高校初の夏休み 定休日以外毎日朝から夜まで働きまくりました

夏休み終了時に10万6千円の給料を貰い10万弱のトラ目のレスポールを買いました

気合入りまくりです

仮に30万稼げていたなら30万のギターを買っていたのではないかと思います

しかしご存知の通り鳴らすアンプがなけりゃただのペチペチ言う綺麗な木材です

学校に通いながらバイトは続けました 今度はアンプを買うために

そして翌月ついに30wの小さなアンプを買いました 3万円台でした

これでハードロックサウンドが出せるぜ

喜び勇みエレキとつなげて鳴らしてみて愕然としました

あまりにも音がしょぼい しょぼ過ぎるのです 

『ウソだろ』 そうつぶやきながらひざから崩れ落ちる高校1年の秋

KISSの楽譜に涙のシミが刻まれました


楽器屋の店員に何気なく相談をしたらエフェクターというものを進められました

まずはディストーションだと

またバイトに精を出す日々 年上のヤンキー達にしごかれながら

手は皿洗いで荒れていく一方です 

学校とバイトで日々の大半を過ごしてたため、中々ギターも触れませんでした


翌月ディストーションというオレンジ色の憎いヤツを買いました

その効果たるや抜群で今までの苦労がやっと報われた気持ちになりました

しかしプロのその音とは次元が違いましたけどね

さらに色々なエフェクターの種類がありまして

何がどういう効果をもたらすのか全く解りませんが気になって仕方ありません

ディストーションに付属していた小冊子にプロギタリスト達のセッティング例が載ってまして

憧れの有名ギタリストのセッティングに習い2台目にフェイザーというヤツを買いました

今だったら『君バカ?』と自分に言うと思います ええ

何も知らない高校生は手探りで理想の音を追求していくのでした

こうしてバイトを続けながらひと月に1台ずつ闇雲にエフェクターを増やしていきました

買ったけど全く使わないモノも結構ありました

更にアンプが安物だからダメなのだろうと買い換えたりしました

やはり真空管アンプだろうと


いつまでたっても学校とバイトの生活でしたがその合間を縫って練習しました

そんな苦学生に追い討ちをかける出来事がありました

練習の合間そっと立てかけておいた宝物のレスポールが倒れたのです

その衝撃でヘッドが折れてしまいました

音ばかりを追求してたのでギタースタンドなんて保守的な物持っていなかったんです

三日三晩泣きました 

悔やんでも悔やみきれないというのはこういう事なのだと知りました

楽器屋のお兄さんに相談したら修理に6万以上かかるし修理後も不具合出るかもって言う

結局修理には出さず自分で接着剤とかビスで固定してやれるだけの事をしました

やはりチューニングは安定しなかったです でも何とか弾けました


そんな苦い経験を積みながらギターも数本所有し機材もどんどん更新して来ました

一体いくらつぎ込んだのかも解らない

しかし理想であるあの人の音は遠からず近からず出せないままなのでした


そのうち私は高校を卒業し一応社会人になり結構すぐに結婚して親になりました

もうそうなると音の追求なんて出来なくなりました

それどころかギターさえあまり弾かなくなりました

1年以上触らないなんてざらで、私の生活からギターはどんどん離れていきました

自分で言うのもあれですがまあ仕方の無い事です

それでもようやく余裕が出てきたのでしょう

また最近趣味程度に弾くようになりました

象野郎のおかげだとも思います


また最近MTG出店してる某同業者がギターと小型アンプ持ち込んでいい音出してるんですよ

このアンプがまた信じられないくらい良いんですよ

会う度に弾かせてもらってたのですがいよいよ私も欲しくなってしまいましてね



321428_473627709384288_23819525_n.jpgとうとう買っちゃいました

某業者が使ってたのは白いヤツなのですが私はメタルバージョンの方で

白い方は結構色々なタイプの音が出せる万能型なのだと思います

そもそも本来はそっちが欲しかったんですよ 試奏させてもらって超気に入ったし

メタルサウンドばかりのこっちより全然実用的かと思います

じゃあ何故こちらのタイプを買ったかというと



013.jpg

BROWN というチャンネルが2つある事に気付いたからなんです

ブラウン? 茶色? 何のこっちゃ解らないと思いますが

メーカーの方も特にネーミングについての説明はしていないようですが

自分が奏でる音色を『ブラウンサウンド』と呼ぶ私の憧れのギタリストがいます

そうです エディーヴァンヘイレンです

多くのアマチュアギタリストが憧れるあの音色

私もそうでした 高校時代二つ目に買ったフェイザーはまさにその為のモノでした

あの音が出せるならもう一度高校生になってもいい位の気持ちです

すなわちこのBROWNチャンネルはエディーヴァンヘイレンの音色

憧れ続けたあの音色が我が家に響き渡るのですね



いや、ハンパねえ 凄いよこのアンプ

エレキギターとこいつだけでスゲー音が出るんだよ

なるほど ブラウンサウンドだ

高校時代のオレに教えてやりたいよホント(涙)

ナカハタの息子をはじめ現代の若者はいいよなぁ 

こんなすぐれものが3万もしないで手に入るんだからさ

しかもUSBでパソコンにつなげて詳細な設定もできるしさ

おまけで付いてくる音楽ソフトをダウンロードするとちょっとしたレコーディングも出来そうだし



これで26,500円ですよ すごい時代ですねちくしょう

今ね ちょっと弾きすぎて指先痛いんですわ

久しぶりに高校生に戻った感じです 


このアンプはバカ売れでしょうね

超おすすめ




category
ギタ-
genre
日記
theme
独り言

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。