スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

世にも奇妙な日本昔話

むか~し むかし あるところに おじいさんと おばあさんが おったそうな

おじいさんは たいしょうけんに つけめんを

おばあさんは ちゅうかそばを たべにいったたそうな

いつもどおり おおくのきゃくで にぎわうてんない

それぞれ ちゅうもんのしなが でてきて おばあさんは こしをぬかした


『じいさんや これは どうしたことでしょう?』


おおきなちゃぁしゅうを どけると そこには ぷるんとした わんたんが

どんぶらこーどんぶらこー と ういているでは ありませんか

わんたんめんを たのんだはずもなく はて これはどうしたことか


ふと じいさんも じぶんのつけめんを おそるおそる のぞきこんだ


『うひゃあー』 


20100622123801.jpg


お約束のように おじいさんの つけめんにも たのんでいない わんたんが

どんぶらこーどんぶらこー 


おじいさんと おばあさんは かおを みあわせ くびをかしげた

ふたりそろって ちゅうもんまちがえなのか なにかの さーびすでーなのか

となりのおきゃくさんの つけめんをよこめで のぞきこむが

わんたんのすがたは みえない


『ばあさんや これは わたしたちだけへの さーびすなのでは なかろうか?』 


なんにしても てんないはまんいん そとにも ぎょうれつが できているし 


『えーい たべてしまえ』


おじいさんと おばあさんは たべた ひっしでたべた

ただでさえ りょうがおおいことで ゆうめいな たいしょうけん

しょうじきいって いぶくろが ちいさい ろうふうふには つらかった

ぷるん とした わんたんの よそういじょうの ぼりゅーむに くせんをしいられた 


あいと ゆうきと きあいと こんじょうで たべきったふたりは みせをあとにする

おばあさんは すでに もどしそうである


『ごちそうさまでした』


おじいさんもつらかったが てんしゅに かんしゃのきもちを わすれない



てんしゅが げんきよく 


『まいど ありがとうございます』

と かえしてきたしゅんかん 

かためを いっしゅんつぶり みぎての おやゆびを ぴこっと あげてみせた 

ようにみえた


わけもわからず おじいさんも みぎてのおやゆびを めこっ とあげて かえした 


かえりみち おじいさんと おばあさんは そのことを はなした


『きもちは うれしいんだけどね・・・』


なかなか いいづらいぶぶんの ふたりのいけんが はげしく いっちしました


これにより おじいさんと おばあさんの きずなは よりつよく つながり


いつまでも ながく しあわせに くらしましたとさ


 
めでたし めでたし 





昔話クイズ  次の □ に入るひらがなを答えなさい










うら○またろう





category
未分類
genre
日記
theme
独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。