スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

異文化

ネリマダ州P家

昨日は関西から友人が遊びに来て、軽く走った後某都内のバイカーズマンションで呑み会

このバイカーズマンションの居住主も関西から単身赴任で来ている仲間だ


こてこて関西人バイカー2人と関東代表アナーキーバイカーのオレ、3人で飲み明かした

関西と関東 というよりも大阪と東京という2大都市の文化の違いが面白い

まだ単身赴任生活数ヶ月のP氏が語る


満員の通勤列車で身動きも取れない状態 若い女性が自分の胸元に密着していた・・・

誰も好き好んで密着しあっているわけではない その状況は大阪でも東京でも同じだろう

P氏はその状況で向き合っている女性につぶやいたらしい


『ごめんなー』


オレ自身も『えぇ??』と耳を疑った 何故に謝罪するのだ???

これは大阪ではごく普通の日常らしい もう一人の大阪人M氏も大きくうなずいた

要は不可抗力で密着せざる得ないがそんなスケベ心は無いんやでーという男側の気配り

で、これに対して女性側も 『あぁ、気にせんときー』と返してくるのが大阪の普通(礼儀)らしい

この場面で逆に何も言わずに密着していると痴漢に間違われる恐れがあるとさえ言う

大阪の通勤ラッシュはさぞかしにぎやかなのだろう


しかしこれを【凍った狂気】東京で行う事はどういう事なのか身をもって知る事になる

すぐさま眉間にしわを寄せられギロッと見られたと思いきや深くため息をつかれた・・・

『あれ?』P氏には状況が飲み込めなかったのだろう 自分ではいつも通り紳士を通したつもりだが

間違っても女性に好感を持たれてはいないだろう事は感づいた


結果嫌な思いをしたP氏はそれ以来一駅手前の始発駅から乗車し座って通勤する道を選んだ


また、コンビニのレジのお嬢さんがうっかり商品(パン)を手から滑らせた時にも

『おいおい、何してんねんー』

とツッコミを入れてしまったらしい この状況、大阪でなら

『いや、このパン生きてんねん』とか様々なバリエーションでレジのお嬢さんもボケてくれるらしい

P氏も当然そのコミュニケーションが欲しかっただけである

しかしここは【倒れる恐怖】東京である とたんに顔面蒼白になるお嬢さん

『申し訳ありません 申し訳ありません』 と何度も頭を下げられ

奥から店長が慌てて出てきて 『大変失礼いたしました』 と・・・

完全に危険人物扱いである・・・


『一体なんやねん この街は』 P氏は嘆いておられます(笑)

彼は今後もこの文化の違いと戦って行くのでしょう 頑張れよとエールを送ろう


オレはずーっとこの環境で育ってきたのでこれが普通だと思えるのだが

P氏やM氏が育ってきた環境で言えば理解出来ないのだろう

確かに上記の事例だけで言うと大阪文化の方が魅力的だとも思えるがね

全体的に見れば一長一短ありそうだ お互いの文化ともにね


P氏が言った心に残ったセリフで


『東京人はまず最初にすみませんと謝罪する 大阪人は最後にありがとうと感謝する』


なるほどね~ 

P氏やM氏のような異文化の生命体が妙に魅力的に見えてしまうのだったwww






category
未分類
genre
日記
theme
独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。