スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

相利共生

ヤドカリイソギンチャク
これ知ってる? 

オレが小学生の頃、動物図鑑を見てとても興味を持ったヤドカリイソギンチャクだ

互いが好んでこのような姿でいるのだ 生物の神秘だと思う


イソギンチャクの毒性によりヤドカリは捕食者達から身を守っている

イソギンチャクもまた移動できる事によってヒトデ等の捕食者から身を守っている訳だ

ヤドカリは成長に合わせて貝を交換していくが、その際にもイソギンチャクを新たな貝へと移し変える

また、ある種のイソギンチャクは体内で貝の成分を分泌させ貝を大きくしていくモノもいるそうだ


果たしてこいつらはどこでそんな技を覚えたのだろうか

それを理解してやっているのか DNAに刷り込まれて本能のまましているのか

一見ヤドカリ側の身勝手な保守的根性の結果での『相利共生』であるようにも見えるかもしれない

しかしオレにはこいつらの間には友情、愛情、信頼関係 などがあるように感じるんだ

互いを思いやりながら大海原を航海する運命共同体 パートナーシップだ

人間の世界で言うところの【夫婦】みたいなものか

いや、よほど人間の方が身勝手な生物だな ヤドカリの爪のアカを飲ませたい位だ(笑)


海の無い県で暮らしているオレにとっては初めて野生のこいつを見たわけだが

このヤドカリは大小あわせて7体ものイソギンチャクを背負っている 重くないのか?

よほどの臆病者なのか ハンパ無くイソギンチャクLOVEなのだろうwww


写真だけ撮らせてもらって丁重に海へ帰した たくましく生き続けて欲しいね

大自然の中では【戦い】の毎日だろう まさに食うか食われるか

犯罪も悪意も無いサバイバルゲーム 加害者などどこにもいないのだ


クソ政治家達がよく言う【戦う】とはレベルが違うんだぜ 甘ったれてんじゃねぇぞ ジジイ共が へっ







category
未分類
genre
日記
theme
独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。