スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

アナーキー音楽理論講座

JAZZが流れるラーメン屋に入ると 妙に期待をしてしまう

Mr アナーキー小池さん ことTJでございます 皆様いかがお過ごしでしょうか?

anarchy-koike耳に刺さるは安全ピン

まあ普段JAZZは聴きませんね よく解らないんですよ

一応、昔プロを目指しバンドをやってた事がありましたので音楽理論を少~し勉強しましたが

JAZZを演奏する人達は音楽理論を熟知しているんでしょうね すげっす



オレが知っている一番難しい(笑)大好きなコード  E7(♯9) 

知る人ぞ知る ジミヘンコード と呼ばれてるアレですよwww ロックでもよく使われますよね

3rd音と♯9th音が不協和音なのだがとにかくカッケーんですよね

そもそも全ての”音”って12種類なんですよね 半音単位で 

ドから始めて半音13個目で1オクターブ違いのドに戻るんですよ 例えるなら 音=人

12種類の中から相性のいい音同士をいくつか選んで鳴らすのが和音(コード) ま、会社ってとこか

それを元に相性のいい和音達を並べるとひとつの曲になる これを社会と例える

ひとつの曲の中で12種類全ての音が平等に使われる事などないのね

どうしてもそこに馴染めない音があるのよ 不適合な音がね

まぁそういう事なのだ 

オレはジミヘンコードの♯9th音を目指すのさwww


それはそうと この 12 という単位はよく使われてるよね

なぜだろう




category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。