Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

あるバイカーの悲しき幸せ

東京のベットタウンとも呼ばれる、とある小さな街

昔から地元に根付いた評判のいい焼き鳥屋があった

先代から続くその店は数年前に店舗を建て直し綺麗にリニューアルされ清潔感がクローズアップされていた

連日、地元の常連が集まりにぎやかさを欠いたことがないこの店

出す料理も当たり前だが絶品で、価格も安く庶民の憩いの場として選ばれている


そんなある日の出来事

隙間なく常連客が並ぶ店のカウンターに、どう見てもその場から浮いている男が一人

白髪交じりの束ねた長髪 手入れもまばらな髭 ドクロのシルバーアクセサリー多数

Tシャツの隙間からのぞく、あるいは手指に記されたタトゥー

その男以外の全ての者が関わりあいを拒否したい存在であった

しかし当の本人は周りのそんな空気さえ気付かずにいるのである


男は普段からそのようなスタイルで過ごしている

男は自らをバイカーと称した

男の仕事はシルバーアクセサリーの製造と販売

普段は一人工房にこもり、人と接触することもまずなかった


米製のバイク愛好家、いわゆるバイカーの集会(ミーティング)に自作シルバーアクセサリーを持ち込み販売をしている

ミーティングとは男のような容姿の者達がバイクで集まりキャンプをして一夜を過ごすイベントのようなものである

各地で開催されるバイカーミーティングだがその規模は大小かなりバラつきがある

3万人ものバイカー達が集まる大きなミーティングに参加した事もあった

ミーティングにやってくる者達は一般社会からドロップアウトした者も多くそのスタイルは個性的である

まず長髪とスキンヘッドの人口割合が異常に高く、両者で全体の8割を占めている

残り2割が金髪だったりモヒカンであったりアフロであったりといわゆる一般社会とは全く異次元の世界である

髭をたくわえた者は9割 残りの1割はほぼ女性バイカーだ

刺青、タトゥーを施している者は圧巻の99,9% 0,1%は見物に来た地元のおじさんか施設の管理人である

生活の糧となる仕事の職種は自由業5割 闇稼業4割 その他1割の大半は家事手伝いである

それが男のいる『バイカー』という世界なのだ

また、男の交友関係においても上記の割合が適合している

男の周りには髭を生やした全身刺青まみれのバイク愛好家だけであった

一般的にはかなり異質なこの世界が男の『日常』なのである


この世界の中では、男はほぼ標準的な人間であった

その世界で商いをしている事もあり、本人は自分を

『比較的温厚で誰とでも親しみやすい温和な性格 どちらかと言うとおとなしいタイプ』

と分析しているほどであった

なんなら首筋にタトゥーでも入れた方がバランスがよいとさえ思っているのである


男はそのバイカーだらけの日常と、一般市民が暮らすこの街との線引きが上手く出来ていないのである


焼き鳥屋の二代目店主はその男の1つ年上の先輩で、お互い20歳そこそこからの知り合いだった

二代目店主はバイカーの世界のことをよく知らない一般人である

店主は男のことを『なおちゃん』 男は店主を『ひでさん』と呼び合う事からもそれなりの付き合いをしてきた事が伺える

男は昔から洒落気と優しいところがある店主を兄のように慕っていた

また男は店主の奥さんとも同級生という繋がりもあった為、他人とは違う親近感があった


その日、男は最近手に入れたばかりの電子タバコを吹かしていた

まだ電子タバコが世に浸透していない頃の話である

たまたまバイカーの世界で流行りだしたのである

電子タバコを知らない人達からは『なにそれ?』と質問され、得意げに説明する事が日常であった

男の頭の中には電子タバコについて説明するひな形の文章がすでに出来上がっていた

しかし時には『それヤバいものなんじゃないの?』

と眉をひそめられる事も何度かあり、それに対して男は憤慨していた

ここでいう『ヤバい』とは非合法、犯罪という意味合いで、ドラッグの一種かと勘違いしての発言であった



1430209847995.jpg





ひでさんは電子タバコを知らないだろうな 男はそう予想していた

当然この日も店主が電子タバコに何らかの反応を示すだろうと思っていた

電子タバコを説明するためのひな形はすでに男の手元に用意されていた

しかし店主は男の予想を的中させることはなく、繁盛している店を手際よく切り盛りしている

ほぼ満席状態の繁盛店だ ある程度仕方がないと男は理解を示していた

中々男の方を向いてくれない店主に自分から

『これ(電子タバコ)見てよ』 などとアピールするような外交的な性格ではない

忙しそうな中、時折店主から笑顔でのアイコンタクトがあり、男もまた笑顔で返す

ただそれだけで男は満足だった


結局男はその日、電子タバコを一節も語る事はなく店を後にしたがそれはもうどうでもよかった

星空を見上げながら人との繋がり、大げさに言えば絆と今を生きている事を実感し、

そこそこ幸せな気分で男は帰宅していった

往々にしてバイカーという種族はその他の人種と比較し、幸せを感じて生活をしていると言われている



一方で焼き鳥屋店主はというと

店の営業を終え、愛妻と愛娘が待つ家に帰宅していた

店主は疲れた表情を見せながら妻に語りかけるのだった


『今日なおちゃんが店に来てさ』

妻『ああ・・・うん』

『もう参ったよ アイツ店の中でドラッグ吸ってやがってさ』

妻『ええ?それって危険ドラッグみたいなやつ?』

『そんなんじゃなくてもっと凄いヤツ ぶっとい注射器みたいな器具持ってきてさ』

妻『ええ?で、どうなったの?』

『なんかやたらこっち見てニヤニヤ笑ってた もう恐くて話しかけれなかったよ』

妻『ちょっと危ないよ 出入り禁止とかに出来ないの?』

『それは・・・・・(沈黙)・・・・・・・・・・・』

妻『警察に相談するとか・・・』

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


夫婦は昔からの知り合いである男に、家も家族も全て把握されている事に底知れぬ恐怖を感じていた

そして何の結論も出せないまま寝室の灯りを消したのだった


男と店主の間には120℃程の温度差があった



人間には表もあれば裏もあり、それぞれの価値観、常識が織り成す人間模様がある

例えばであるがこの電子タバコ 男ではなく身体の弱そうな少年が持っていたならば

『ああ、なんらかの医療器具なんだな』 と誰もが思う事でしょう

少なからず偏見の眼が男に向けられている事も事実なのです


皆さん この世には僅かですがバイカーという人種が存在するのです

日本各地に散らばって生息し文字通りバイクで移動し続けている為、どの地域にいても不思議な事ではありません

彼らは幸せを感じながら生活しています 

そしてその裏側で一般民間人の多くはバイカーに対し、不安や恐怖を抱えている事など知る由もありません





     あとがき

本文中に出てくるバイカーの世界観はフィクションです

しかしそれ以外の事象はほぼ実話から出来ています

主人公の男はすでにご承知の通り私自身です

一言のツイートで表現できてしまう出来事を第三者の目線で多角的に書いてみました

夫婦の会話は『もしかしたら』という空想で書いております

シリアスな表現だったかもしれませんが実際はそれほどの事ではありません

特に悪意や世間に対する不満などメッセージを書いているわけではありませんので

いつも通り笑って読んで頂ければ幸いです



スポンサーサイト
category
男シリーズ

ライディーンBBQにまつわるエトセトラ

先週末はライディーンMC様主催のバーベキューキャンプへ参加させていただきました

行きは一人下道で走りました 岐阜県の各務原市まで380km 全然楽勝です いやちょっとだけ楽勝です

天気が良かったので結構楽しめました

現地でもまあ楽しくて、ついつい遅くまで飲んでしまいました

絡んで頂いた皆様 どうもありがとうございました


15611_743034632482911_6574763826479755238_n.jpg
写真 沖林氏




翌朝 天気予報ではこの後雨が降り出すとの事で皆早々に撤収してましたね

私も雨に打たれるのは好きではないので起床して3~40分後には会場を後にしました

当然朝のコーヒーも飲まずにですよ

あ、

私、朝はコーヒー(砂糖もミルクもたっぷり)飲まないと一日が始まらないんですよね

ちょっと普段からそんなセレブチックな生活をしているもので、あ、すみません庶民の皆さん

で、まだ朝8時前だったんで、また下道で帰ろうかなと 途中降ってきたら高速に乗ろうかなと

そんな感じでのんびり構えていたんですよ ええ

道中のコンビニでコーヒーを買い求めまして、一服してからさて行きましょうかという時

セルモーターがキュルッと一声上げた途端まったくの置物状態に変貌してしまいまして

電装系が全く無反応なんですね インジケーターランプさえ点かないのです


mybike.jpg


ん ・・・・・ いやちょっと待てちょっと待て・・・・・

全然大丈夫だよ って顔しながらも内心ドキドキしながらタバコに火を点しまして


そんなはずはない バッテリーは先月交換したばかりだし、念のため充電だってしてきてる

バッテリーは絶対問題ないはずだ はずなんだよ

ヒューズが切れたか いや大丈夫だな どこかで配線がショートしているのか・・・

うーーーん 判らない


困った時はとりあえず行きつけのバイク屋に電話と相場は決まっている

電話で話しながらあれこれ探っていく内に結論が見えてきた


バッテリー死亡説濃厚            え、まさかの・・・・





ちょっとここでバッテリーについて語っておきましょうか

ハーレー用バッテリーと言えばハーレー純正バッテリーとなりますね

私も新車で購入した時は純正バッテリーで6年以上もちました

ただ当時『(純正は)いきなり死ぬよ』と脅されて特に不具合はなかったんですが交換したんですよ

で、純正バッテリーって2万以上するじゃないですか

純正でなくても国産の型が合うヤツなら半額位で済むじゃないですか

そんな訳で純正ではなく国産メーカーのバッテリーを長年愛用していたんですね

ソレとはまた別で、最近なんですがヤフオクとかであやしいバッテリーが3000円台で売ってるんですよね

もうあやし過ぎて誰も相手にしないような業者ですよね

まあちゃんと12Vを発電してくれるんなら安い方がいいのかもしれませんけどねえ

確かに自分から言い出さなきゃ、まず誰も気付かないものですけどねえ

ええ、そうなんです 先月交換したばかりのヤツはこのシナ製クソバッテリーだったんですねこの野郎

こまめに充電してれば大丈夫なんじゃないかと思ったんですけどクソダメでしたね

皆さんはきっとそんな事わかっていたとは思いますがあらためて言わせてください


バッテリー代金をケチるんじゃねーよ まったくもう 痛い目みるぞ いや、見たよもう


さてここは岐阜県 右も左もまったくの異国の地 知っている人ゼロ しかも一人ぼっち

もうここで頼れるのは先ほどまで参加させてもらっていたBBQ主催ライディーンのK氏しか思いつかない

K氏に電話しまして困っているむねをお話ししたところ、

ホントにもう色々と親身になっていただき的確な手配をして頂きまして

救世主をつかわせてくださいました

11150201_837218979691824_1536387582163677933_n.jpg

BさんとKさん 

私には天使の微笑みに見えます

近所のバイクショップLobosCycleさんから新品の純正適合バッテリー他

レギュレターなど考え付く部品を持ってきて頂きました

本当にありがたかったです このご恩は忘れません 押忍

次回お会いした時には思い切り抱きしめてもよろしいでしょうか


無事にバイクが復活した頃にはとっくの当に雨模様の昼時でした

もう下道で帰る気など毛頭ございません

しかし雨の高速メットシールド無しってのは本当に地獄ですね  顔面・・・ ええ

年々地獄濃度が上がってる感じしませんか 歳と共に

もう修行を通り越して地獄なんですよ 水針地獄とでもいいましょうか

当然出すスピードに比例して地獄濃度も上がるって事は皆さんご存知ですよね

メットシールドは好きになれないんです なんかあの鼻の下でモヤモヤ結露してるのが生理的にダメで


しかし高速道路ですよ  高速有料道路ですよ

わざわざ金払って乗ってるんですよ わかってますか

『お代さえ頂ければ普段出せないスピードで走れるんですけどねぇダンナ ヒヒヒ』

と耳元でささやく越後屋のような道路ですよ

そんな道路を時速100km以下でチンタラ走れるか馬鹿野郎 ってぇ男気が私にもありましてね ええ べらんめぇ

その水針地獄に男気の盾を持って果敢に挑むのですね ええ もういいですか

しかし鉄壁と思われていた男気の盾だが、そう何時間も耐え切れるものでもなかったのです

その男気の盾が濡れたダンボール紙のように変化しだしたのはインターをくぐり100メートル程走った時でした

最寄りの、と言うより一番最初のサービスエリアに逃げ込まざる得ない状況でした 断腸の想いです


『思ってたより痛いぞ』 


敵に対しての第一印象でした


ここで私はこの地獄の敵に立ち向かうべき術を本能的に考え出したのです


11094737_837272436353145_5763144807698684976_n.jpg


ガムテの壁だ 

そして私は前傾姿勢をとり、鼻から下の顔面皮膚組織を守るのだ

もうね 我ながら完璧 ノーベル物理学賞もらえるかも 

人によっては姿勢的にちょっと疲れるかも知れないけど、

見た目のワイルドさから遠慮してしまう人もいるかもしれないけど

まあ四捨五入して完璧です

家に着いてからも『しばらくはこのままでもいいんじゃないか?』と一瞬悩んだくらいですから

はい どう悩もうが人の自由ですから



さて私、今回の出来事を教訓にします

ハーレーに対しては金をケチらない ここ大事ですよ メモいいですか


あのあやしいバッテリーって多分使用済みで廃棄されたものを拾ってきて

『まだ使えるアルヨ』

とか言ってかたっぱしから集めてテキトーに充電して売ってるんじゃないかと勝手に思うんですよ

同じような値段で出してる他業者よりも保障期間が一番長かった(半年だったかな)からそこで買ったのです

まあ本来で言えば買って1ヶ月、というより買ってからの初本気走りだったので当然補償範囲内ですよね

あ、言っておきますがこんな業者に保障してもらおうなんて全く思ってませんよ

こんな怖いバッテリーを更に送られても付ける気ないですからねもう

でもですね その業者の保障範囲の説明書きに


『車体に取り付けての使用による不具合は保障の対象外になります』 ってのがあるんですよ 

ええ










ホワーーーーイ!!!? チャイニーズピーポーーー!!! 

じゃあどうやって不具合の確認が出来るんデスカーーーーー!

罠ダロコレーーーー!!!

コロスヨーアナターーーー!!!









という感じで今という時代感も含めて表現させて頂きましたが

そういうのはちょっと苦手だと思われる方がいらっしゃいましたら後ほどお申し付けください







あーー それと最後にですね 今回のキャンプでオイルタンクキャップをどこかに落としてきてしまいまして

まあオイルタンクのただのフタ、いや栓ですからね、わざわざ純正の物を取り寄せるなんてさすがにばかばかしくて


1429893659289.jpg


1429893637875.jpg


驚愕 

まさかのミラクルフィット




category
BIKER

秩父ミーティング4th

024_20150420163155df2.jpg
002_2015042016230285b.jpg
003_201504201623046d8.jpg
005_201504201623055cd.jpg
006_20150420162331482.jpg
007_2015042016233289c.jpg
008_20150420162334980.jpg
009_20150420162335fbc.jpg
010_201504201623375c3.jpg
011_2015042016273712b.jpg
012_20150420162738219.jpg
017_2015042016285739c.jpg
019_201504201629005f4.jpg
020_20150420162902b84.jpg
021_20150420162903a46.jpg
022_20150420163057506.jpg
026_20150420163157f04.jpg
028_20150420163158350.jpg

秩父ミーティング 御礼申し上げます。

ありがとうございました 押忍

※画像をクリックすると拡大します





去年に引き続き今年もステージに呼ばれました

mc.jpg

メンバー全員同学年なんです 昭和41年の丙午

プラス セクシーダンサー

ccm4_438.jpg

誰もジジイの演奏なんかに興味はないのでしょう

お客さん達の大半の目はダンサーへと向けられておりました

ccm4_459.jpg

あ、あの人は








ccm4_460.jpg

あーー 幸せそうですね よかったよかった



category
イベント

さらに新作の紹介

またまたご無沙汰してます

新作創っておりました

この新作が出来上がるまではブログ更新はすまいと思っておりました

某BIKER-MONに紹介されても一切触れずにおりましたが、せっかくなんで軽く紹介させてください


mon29.jpg

DSCN0188s.jpg

シルバーでもバイクでもなく、何故かラーメンを熱く語っております

全国で販売中です ヨロシク御願いいたします


さて、本題に入りまして新作リングの発表でございます




014s_201504071538328ec.jpg
024s_2015040715383429c.jpg
030s_20150407153837fd1.jpg
037s_20150407153948b95.jpg
038s_20150407153949c2c.jpg




『あれ?前回も見たよ』 という声が聞こえてきそうですが全くの別物なんですよ



047s_20150407153951037.jpg

画像右側が前作のREAL SKULL RINGです 新作は左側

前作よりボリュームUPしました

何となくですが前作は薬指用 新作は中指用 みたいな感じですね

前作でえらい苦労した話しを書きましたね

さすがにもう難なく創れるのではないかと自分でも思っておりましたが、私にはそこまで才能は無かったようで

またえらい時間を食いました 泣けてきますよマジで


原型は緑色のWAXを彫刻して創っていくのですが、どうやっても納得いく形にならないんです

ここは前回も今回も同じように苦労しました

これでよし、と思って鋳造してみても何か雰囲気が違って見えたりして結局やり直したりね

で、今回苦し紛れに思ったんですよ ちょい逆転の発想で


もしかしてあんまり納得いかない原型でも鋳造して銀になれば意外とイケるんじゃないか と


試しにやってみたんですよ あまり納得いってない原型を鋳造しました

その判断は大間違いでした もうね、おぞましい 

醜いものはより醜く出来上がるのです


本当は誰にも見せたくないその酷いスカルがこちらです

なるべく凝視しないでください 

















029s_20150407153836348.jpg





別にふざけて創った訳じゃないんですよホントに

私に言わせれば実際の新作と紙一重なんです

自分の中だけの美的センスなのかは判りませんが美しく見えるストライクゾーンがあまりにも狭いのです


また苦労自慢のグチになってしまいましたがこれだけは言わせてください

現在の私が自信を持ってお勧めできるスカルリングです



さていよいよ今週末は秩父ミーティングですね

皆様のご来店を心からお待ちしております

ついでに私のバンドのステージもあります

今年もセクシーダンサーが応援に来ますよ

083.jpg









category
シルバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。