Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

無題①

昨日の夕方、ある方から2万5千円の札を裸で受け取った

ある仕事の報酬としてのものだった

何となくその場でウォレットを取り出すのも気がひけて

とりあえず札をまとめて4つ折にし、Gパンのポケットにしまったのだった

その方と別れた後、そのままの格好で妻と本屋へ出かけたりスーパーで晩御飯の食材を買い求めたりした

ポケットの中の現金の事は特に忘れていたわけではない

まあ意識はあったが今取り出して財布にしまおうなどとは思わなかっただけだ

移動には車を使い私が運転をしていた

帰宅して着替え、いつも通りの夜を向かえ日付も替わろうかという時間帯

すでに脱ぎっ放しのGぱんポケットの中を思い出したようにまさぐる

う 2万5千円がない マジ? 

念のためウォレットの中を覗くが2万5千円がプラスされた気配は無い

そりゃそうだ ウォレットに移し変えた記憶もない

いや、妻がこっそり抜き出したに違いない そうだ、あいつはそういう女だ

もしくは車の中に置き忘れたのだろう そうだ、あいつはそういう車だ

人は酒を飲むと自分の非を認めない生き物になるという法則の下、私は静かに寝息をたてた


そして今日の朝、あらためて私の行動範囲を捜してみたがやはり無いのである

リビングにいた妻に問いかけてみた

Gパンのポケットに2万5千円入れてたんだけど無いんだよ お前知らない?

すると妻は般若のような恐ろしい顔で  

『はあん? 知るかボケェ』 

と今まで聞いた事も無い、関東人とは思えない台詞を私に浴びせかけた

どうやら私は2万5千円を本気でどこかに落としてきてしまったようだが

妻も18歳で出会った頃のあの初々しい可愛らしさとかその類のモノをどこかへ落としてきたようだ


家にも車にも無いとすると、落としたと思われる場所は

本屋の駐車場(私は店内には入らず車内の荷物整理をしていた)とスーパーの2箇所だろう

自分としては本屋の駐車場が一番可能性があったように思えた 

しかし裸の札が3枚だ 名前や住所が書いてあるわけでもないしかなり時間も経っている

もう無理だろう 2秒で諦めた

しかし1度や2度ではない同じような過ちを繰り返す私に、妻は辟易しているようだったので

事態に対し真剣に向き合ってますよというアピールはしておかないといけないのです

妻の前で昨日のスーパーに電話をかけた

『昨日そちらで2万ほど落としたかもしれないんですが届いてないですよね』

なんてふざけた問い合わせだろう

ちょっとした『お金落ちてませんでしたか?あ、それ私のです詐欺』のようだ

そしたら始業前の朝礼中だったようで確認して折り返すとの事

なんだか申し訳ない 結果は判ってるんですがね 

電話を切ってもう完全に諦めた こんな電話するのもイヤだ 本屋には電話しなかった

気持ちを切り替え、さあ仕事をやっつけよう

工房の机に向かい作業を開始した すでに30分は経過したであろう時、電話が鳴った




奇跡がおこった





つづく

スポンサーサイト
category
未来

身辺整理

あまり詳しくは書きませんが先日叔父が亡くなりました

俗に言う『突然死』で『孤独死』だったのですが

直前まで日常通りの生活をしていた跡が残っておりました

と、言うのもここ数日、身寄りの無い叔父の身辺整理を手伝っているんですわ

本人でさえ死ぬ予定など立てられなかった状態だったと思います

遺された親族もそれは大変なのですよ

今やってる作業は重要書類、財産価値のある物等の仕分け処分とかそんな雑用ばかりです

どうも私の母は私の事を無職のニートとでも思っているフシがありまして

私と同等の血縁者は他にも数名はおるのですが、皆それぞれ仕事があったりで忙しいと

アンタはヒマでしょ みたいな頼られ方をされておるんですよ これが

ヒマじゃないけどしょうがないから手伝うよと何度も言っておりますが


亡くなった叔父とは普段何の付き合いも無く、今までで3回程しか会った事がないんじゃないかな

まともに会話した事も無いと思う 私の結婚式に出てもらった位ですか

正直な話、顔さえあまり覚えていないのですよ


荷物の整理をして分かるのですが叔父はキレイ好きで几帳面な性格だったのだろうなと感じます

その徹底した整理整頓振りは尊敬に値します

しかし、叔父はモノを捨てられない性分の人だったとも容易に判断できました

とにかく荷物の量がハンパじゃない

しかも私にとってその大半は『こんな物とって置いてどうするの? 』と思うようなモノばかりだった

一つ一つ荷物を紐解いて確認していくと大正時代の新聞の切り抜き等もでてきた

その物達は私の手によりざっくり100年の歳月を超えリアルにそこに存在した

これは叔父の前の世代が残したモノなのでしょう

叔父の前の世代と言えば私の祖父もしくはそれ以前と言う事になるのでしょう


私は今まで母方の家系についての情報をあまり聞かされてはいない

母は話したがらなかったから

ちょっと複雑な事情があったんだなと認識している程度だ

私が生まれる前にすでに祖父母は亡くなっていたから思い出などあるはずもない

どうやら祖父は戦死して靖国に祀られているようだ そんな事さえ認識していなかった

しかしそんなノスタルジーな気分に浸っている余裕は無かった

膨大な量の荷物を解いていかなければいつまで経っても終わりは見えないのだから

夕暮れ時になるといい加減疲れて、終わりの見えない作業に少々苛立ってもくる

私は眉間にしわを寄せながら古びた茶封筒にしまわれた紙を引っ張り出した


1401203660795.jpg


次の瞬間、私は思わず声をあげ笑ってしまったのだった










1401203644033.jpg




これは室町~江戸時代に流行ったとされる春画ではないのか

歴史的な文化遺産 芸術 という観点からすれば本当はモザイクなしで載せたかったがどうなのだろう

個人的には全くと言っていいほどいやらしさは感じられない

いつの時代の物なのか 誰が何の為に保存したのかは解らないが先祖が残した物には違いないだろう

調べてみたら娯楽の他に、厄除け、お守り的な使われ方もあったようだ

参考資料 wikipedia~春画

どうやらこの絵自体にほとんど価値はなさそうだ

これは私が貰おうと思う 

先祖代々続くお守りとしてもう少しだけ後世に遺しておきたいと勝手に判断した

そして私はもう少し先祖を敬う心を持とうと思う


先日、トラブル大盛先輩や沖縄の小林君と呑んだ時に丁度靖国参拝について議論したばかりだった

私は今まで1度も参拝したことは無いし今後もする気はありませんでした

議論の内容は別として、今年は行ってみようと思っています



さて、もう少し仕分け処分作業をがんばります

ご注文いただいている皆様には大変申し訳ございません

そちらも進めておりますのでもう少々お時間ください

押忍










category
家族
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。