Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

大人の世界

最初に
今回の記事は先日の忘年会の写真を元に考えられた全て空想によるお話しです
複数の写真を見て『これはこんな事を言ってるようにも見えるな』
という一方的な閃きで組み立てられた私にとっては新たな試みのストーリーです
写真で登場する人物像はリアル(現実)ですがストーリーのような言動は一切ありません
また筆者による悪意も1mmも存在しません
関係者各位におかれましては、寛容なお心で読んで頂けましたら幸いです





『ねえお父さん、なぜ大人はお酒を飲むの?』

風呂上りに晩酌をしている父に普段から疑問に思っていた事を尋ねた

父はボクが言わんとしている事を全てお見通しのようにしゃべりだした


『ははは、父さんも子供の頃同じ事を疑問に思ったもんだよ』

缶ビールを飲み干し話を続けた

父『達彦ももう中学生か そろそろそういう事も教えておくべきかもな・・・』

ボクは父が何を話しだすのか興味津々でうなずいた


父『忘年会だよ』

え?

父は一言そう言うと立ち上がりどこからか写真を持って戻ってきた


父『我々大人がなぜ常日頃から酒を飲むかと言ったらその理由は一つ 忘年会があるからなんだよ』

そう言うと一枚の写真を取り出した


1474483_576726579074400_2023636832_n.jpg

これは?忘年会の写真?

ボクがそう聞くと父は首を横に振った


『これは忘年会直前に行われた忘年会の練習風景なんだよ』


え?直前の練習って事はじゃあこのすぐ後に本番の忘年会があるって事なの? 

父は大きくうなずいた

この人達は本番でお酒を飲むというのにその前にもうすでに飲んじゃうって事なの?

ボクには全く理解できないでいた

そんなボクに父は衝撃的な言葉を発した


『いいかい達彦、父さんが今酒を飲んでいるのも、これも忘年会の練習なんだよ』


ボクは大きなショックを受けずにいられなかった


父『達彦は最近友達とバンドを組んだらしいじゃないか母さんから聞いたぞ』


え?あぁ うんまあね

『家では独りでギターの練習してるだろ 今の父さんはそれと一緒なんだよ

 そしてたまにはメンバーでスタジオに入って練習するだろ それが普段の飲み会ってやつだ』


へぇ・・・そうなんだ・・・


『そしていずれ人前で演奏をする本番がやってくるだろう その本番が父さん達は忘年会なんだよ』

そうだったんだ じゃあ忘年会はお父さんたちにとって楽しい晴れ舞台って事なんだね

『そこはそういう訳にも行かないんだ・・・大人はね・・・』


父は苦笑いをしながらまた一枚の写真を取り出した



005_2013121814163528c.jpg


あれ?なんか皆暗い表情に見えるけど・・・

『皆緊張しているんだよ 忘年会で上手く立ち回れるかどうか不安でしょうがないんだ』

忘年会って大人にとって楽しい場所なんじゃないの?


『解らないだろうなあ じゃあこれを見てみようか』


父から数枚の忘年会本番の写真を見せてもらった


009_20131218150706e95.jpg
011_20131218151226497.jpg
024_2013121815131334f.jpg
029_201312181513530ea.jpg
039_20131218151556959.jpg
031_20131218170440add.jpg
035.jpg



『皆楽しそうに飲んでるように見えるだろう?

 まあそれが父さん達の義務であり責任であり大人としての役割なんだよ』


ちょっと解らないよ お父さん達はお酒が好きなんじゃないの?

ボクはストレートに質問をぶつけた


『お酒が好きな人間なんて本当はどこにも存在しないんだよ

 でも飲めないと大人としてやっていけないから無理して飲む訓練をするんだよ それが義務だ』

でも皆無理して飲んでるようには見えないくらい楽しそうに見えるよ

『そう、楽しく飲まないといけないんだよ

 それも普段から血のにじむ様な鍛錬をしてるから出来るのさ』

もしもどうしても楽しく飲めない人がいたらどうなるの?

『もしもそんな人がいたら、可愛そうだが大人の世界ではやっていけないだろうな もしもの話だがね』


ボクは将来大人になる事に不安を感じた ボクにもそんな事が出来るのだろうか

ねえ、さっきバンドの例えで説明してくれたけどさ、皆それぞれに担当とか割り振られてるの?

『ああ、個々にそれぞれの得意パートがあり最高の楽しさを演出しなければならないんだ

 皆それぞれがお互いの役割を尊重し合い調和する事で成り立っているんだよ

 決して誰かがその和を乱すような事があってはならないんだ

 絶対に失敗は許されないんだよ 絶対に・・・』


意味が解らなかったが普段の優しい父からは想像も出来ない険しい表情にボクは少し恐怖を覚えた




ボクは数枚の写真を流すように見て、ふと1枚の写真に言いようのない不自然さを感じ手を止めた




1511272_465039583600784_1172469727_ns_20131218152107155.jpg


一番左の男の人・・・ この人だけ何かが違う・・・なんだろう?

一見して二枚目の優男に見えるけど ただならぬオーラを放っているように見える


お父さん この人は誰? 

父は一瞬眼を見開き強張った表情を見せその後平静を装うように答えた

『この人はウエムラさんていう忘年会の主催者側の人だよ まあ幹事さんみたいな役だね』

そうなの?この人だけあまり楽しそうな感じがしないような気がして・・・


『ああ、いいんだよその人は あちら側の人間なんだから・・・』

父はそう言いながら立ち上がり新しいビールを取りに台所へ向かった


あちら側って・・・どう言う意味なんだろう・・・


その時父が座っていた座布団の下になにやら写真の縁らしきものが見えた

あ、こんな所にまだ写真が・・・そう思い僕は手を伸ばした

そこには忘年会のものと思われる数枚の写真があった

それを見た瞬間、僕はなんとなく気付いてしまった

父はこの写真はボクに見せないように隠したものなのではないかと


お父さん、これは・・・・












015_201312181556396c0.jpg


台所から戻ってきた父に思わず疑問をぶつけた

父は『しまった』という表情を見せたがすぐに落ち着きを取り戻し腰を落とした


『この男が女性の飲んでいたグラスを謝って倒してしまった時の写真だ 

 一気に周りの空気が凍りついた・・・我々の調和が乱れてしまったんだよ・・・』

どうやら聞いてはいけない事を聞いてしまったようだ

しかしボクの大人の世界への探究心は増していくばかりであった


『そこへすかさずウエムラさんがやって来て・・・・・・・』




お父さん・・・ この写真の事?


019_20131218160452651.jpg

父は忌々しい記憶を手繰り寄せるように話を続けた

『そ、そうだ 男がウエムラさんに事情聴取をされて・・・そして・・・』


父には何かボクに言い辛い事があるのだろう

何度も言葉を詰まらせながら、言葉を選びながら、

それでも真実を伝えようとしてくれているようだった





『その後ウエムラさんの眼が光って・・・詳しいことは父さんにも解らないんだが

  神と交信できる能力を持っている人のようなんだよ

  父さんたちと同じ立場の人ではない事は明らかだ』







020_20131218161448f71.jpg

ボクは背筋が凍る想いがした

お父さん、あの男の人はどうなったの?


『あの男は来る日も来る日も誰よりも熱心に忘年会の練習に励んでいた努力家だったんだ

 ただ人一倍酒に飲まれるタイプではあったんだが、まさかこんな失敗をしてしまうなんて・・・』

父は独り言のように一点を見つめ呟いた




お、お父さん、この人は?・・・・



『・・・神・・・』

え?

021_2013121816454995a.jpg

『直後にどこからともなく神が現れた 滅多に我々の前には姿を現さないこの世界の神だ

  神はあの男の今後の処遇を審判する為に我々の前に光臨されたんだ

  神が言う事は絶対なんだ 誰も逆らえやしない
  
  この神に嫌われたらもうこの世界では生きていけない 

  それが大人の世界なんだ 


ボクは生唾を飲むと同時に全身に寒気を感じた

044_20131218170624f9b.jpg

『神の片腕として仕えるウエムラさんが事の成り行きを説明する

 皆仲間の身を案じながらも楽しさを演じる事だけは忘れない

 楽しくなさそうに振舞うということは即、神に睨まれこの世界から抹殺される事を意味するのだ』



045_201312181706435a2.jpg

そしてついにウエムラさんの『審議の詩』が始まった

この曲はどこの世界の物かは誰も知らないが不思議な力を持っているのだ

我々の知り得ない世界と交信する際に必ず歌われる魔道の詩

この曲が終わると同時に神からジャッジが下されるシステムになっている

我々にはマイウェイの日本語訳バージョンにしか聞こえないという不可解な現象が起きているんだ


046_20131218170701428.jpg

マイウェイ いや、審議の詩を身体全体を使い熱唱された直後

皆の視線が神に集中する

ついにジャッジが下される時が訪れた








神はたった一言・・・










022_20131218180909eb1.jpg

『ポア』




ポア? お、お父さんポアってどういう意味なの? ねえ・・・


父は少し眼を赤くしながら


『ん?ああ・・ハハハ・・・』

一旦間をおいていつもの優しい笑顔で答えてくれた


『心配するな まあ簡単に言うと 許す って意味だ』


それを聞いた途端に安心の為ボクの全身の力が抜けていくのが分かった


はあ~良かったぁ あの人ポアされたんだ ボクちょっと怖かったよ


『ああ・・・大人は色々と大変なんだよ 達彦もいつか解る日が来るよ』


父は一気に缶ビールを飲み干しボクの頭にポンと手を置きそして寝室へと歩いていった

お父さん おやすみなさい


今日ボクは大人の世界を少しだけ垣間見ました

今まではお酒を飲んで酔ってるお父さんってあまり好きじゃなかったんだけど考えが変わりました

正直な気持ち、予想以上の厳しさに将来の不安も感じました

しかしそれ以上にそんな厳しい世界で僕達家族の為に戦ってくれている父の偉大さを知り

父への感謝の気持ちがこみ上げてくるのでした


お父さん いつもありがとう これからも頑張って下さい

達彦











忘年会参加者の皆様お疲れ様でした
その他の写真は下記リンクから見れます
スポンサーサイト
category
物語

バスガス爆発

012_201312031620550b7.jpg
ヨコハマホットロッドショーへ行ってきました

相変わらず凄い人でしたね

ここに来場する人達はなんか皆お洒落さんですよね




019_20131203162818cc3.jpg

一際目立つダントツのオシャレ野郎がいると思ったら福島のガスさんじゃないっすかご無沙汰してます

福島のガスさんについては過去にもブログで書いているんで見逃した人はどぞ

『大人な対応』←クリック


え?もうこの人ごみで疲れたから外でメシでも食べようっていうんですか いいっすね


という訳でガスさんの車に仲間7人で乗り込みどこへ行こうかと

中華街へ行ってラーメン食いながらビールを飲もう言い出すガスさん

いや、せっかく横浜まで来たんだったら家系ラーメン食べましょうよ とオレ

オレは会場へ来る道すがら有名な『六角家』がある事を確認していたのだ

家系ラーメンとは横浜発祥のご当地ラーメンのようなものだが都内にも進出している

筆者は30代前半くらいまではこの家系ラーメンが一番好きであった


筆者が六角家へ行こうと言う事に反論する者は誰もいなかった

ことラーメンに関してのみ絶大なる信用があるようであった


すかさずガスさんがメイドイン福島のカーナビに『ろっ・か・く・や・・・』と入力

即行でナビが反応し案内が開始される

凄いな福島ホンダのカーナビは なんとなく皆がテキトーに賞賛する

あ、ちなみに六角家までどれ位距離あるの? そう聞くと17kmだと言う

えー?そんなにあるっけ? せいぜい5~6km程度だと思ってたのだが・・・

17kmも走っていくのもちょっとあれだからその辺の家系でいいんじゃない?

口には出さないが皆それぞれ空腹だったはずだ

(自分で言い出しておきながら)計画の中止を申し出たのには皆賛成の反応であった

だがガス君は聞く耳を持たない

彼にはもう六角家以外は見えていないのである

その姿は野生のイノシシそのものである


ナビの指示通りに走るガス君 筆者はふと不安を覚えた

あれ?この道は?・・・一体ここはどこだ?・・・

筆者が事前に確認していた六角家へ向かっているとは思えなかった

どうもおかしいぞ・・・ 

これで私の思っている六角家に到着したならばこのナビは道草大好きな小学生並みの知能だろう

支店なのか本店なのかは知らないがそちらに向かっているとしか思えない

そのうちに神奈川県を抜け東京都に突入してしまった

おいおい、メイドイン福島のナビは大丈夫なのか

目的地に到着しました とアナウンスするナビの女性の声がほんの少し訛っている気がした

そこに六角家はなく違う名前の真新しいラーメン屋があった

青ざめるガス 『あれ~?店かわっちゃったんすかね~』

うん もうどうでもいいよ そこ入ろうよ 

ガス以外のメンバーは皆そう思っていた

しかし納得いかないガスは車を発進させるのであった

意地でも六角家を喰らうつもりらしい

他のメンバーがスマホのナビで六角家を検索すると全然あさっての方向、約13kmである

おいおいもう勘弁してくれ 適当にそこらで食おうぜ

さすがに皆声をあげた

もしこの場に大盛先輩がいたら大変な事になってただろう

不幸中の幸い と一同胸をなでおろすのであった

しかし本当にフクシマのナビはバカだったな

口の悪いセンダさんが吐き捨てる


あ・・・ 解ったぞ このガス野郎の勘違いが

私は気づいてしまった


『ろっかくや』ってどう変換した?


六角屋


ああ・・・やっぱり・・・


家系ラーメンはその名の通りなのですよ

こんなもん常識中の常識じゃありませんか そこいらのバアさんだって知ってますよ

フクシマのナビは決してバカではありませんでした

はるばる福島からやって来たガス野郎の大いなる勘違いに振り回されていたのです

しかし我々は皆いい大人です

特にガス野郎を責める事もせず、心の中で『しね』と呟くだけです



そんな道中に頃合のいい行列が出来ている店を発見 ここにしようぜ

F1001216.jpg


生まれて初めて行列に並ぶガス野郎は満面の笑顔だった

20131201140503.jpg

うむ、中々いけるではないか もうちょいパンチが欲しいかな・・・

私は心の中で自分なりの評価を出していた

すると脇からガス野郎が


『TJさん どおっすか ここの味は?』


まだ店内にいるのにそんな事を訊ねてくるデリカシーの無さ

もうタコ糸でぐるぐるに縛られて寸胴の中で醤油味に煮込まれちゃえばいいのに


店を出て満足げなフンコロガシ野郎に

『どうだった?』

と聞いてみた


『う~~~~ん まあオレ的には80点かな~』


な~~~に気取ってやがんだ 昆虫の味覚の分際で

恐らく彼の100点満点は砂糖水が基準になっているはずだ

全くずうずうしいにも程がある

某V誌に紹介されてかなり調子こいてますね


と、まあほとんどの人間がそう思っているのですがね本人の前では決して言わないんですよ

そして相変わらずフンコロガシ野郎はこのブログの存在さえ知りません

もう一度言います

皆さん、他言は無用 我々がそう思っている事を決してしゃべらないでください

真実を知ってしまったらアイツ死んじゃうかもしれません

どうか生暖かい目でフンコロガシの成長を見守ってあげようではありませんか

私たちは心ある大人の人間なのですから


皆さん お疲れ様でした



category
イベント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。