Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

信州loveタッチMTG 2013

行って来ました信州タッチ

例年より涼しくてよかったですね


また我がブースに営業妨害先輩がやってきましたよ



DEKAPAN.jpg


あれ 画像間違えました




003_20130826173139f16.jpg

私の商売道具の折りたたみテーブルを占領して料理の腕を振るってくれていますが

油をひいた熱したフライパンを一旦テーブルの上に移して作業してたら

当然フライパンの熱で白いテーブルが焦げましてね私も一応文句言ったりしたんですよ

そしたら 『ふざけんな 最初から焦げてただろ』 って言うんですよ

そんな訳ないだろ商売道具なんだから とは思いましたがまあ結局言えない訳ですよ

そんなこんな心配して見ていたらまーた同じように熱したフライパンを置くんですよ

私は見てました フライパンを置くまでは焦げてなどおりません

フライパンをまた火にかけた時やはりテーブルには焦げ跡が

ほーら焦げたでしょ全くもう って今度は言いましたよ

そしたらまた 『ふざけんな これも最初からあったろ』

って少し動揺しながらもシラをきるんですよ 

オレは見てましたよ焦げなんて無かった って反論しますよ当然

『じゃあいいか見てろよ』

と言いそのフライパンを真っ白なテーブルの上を選んでまた置きやがりました

私は気付いてました フライパンの温度はさっきよりひくいだろう事を

そして明らかにさっきより早めにフライパンをどけました 

気付いてないとでも思ってるんでしょうか

これで焦げができなければ ほーら見ろバカヤロウ とでも言うつもりなのでしょう

しかし神様は見ておられます こんな外道を許すわけがありません 罰をくだされました

うっすらではありますが誰がどう見ても焦げております

だから言ったじゃんか商売道具焦がしやがって 

っていくら怖い先輩だからってさすがにもう敬語を使わないでいい状況でしょう

そしたら開き直って『細けえ事言いやがって小さい野郎だなバカヤロー』ですよ

もう人間じゃないと思いました

結局罰が下されたのは私自身なような気がしてますよ



という訳でテーブルに焦げ跡を3箇所も付けられた料理をいただきました

しかしキャンプ料理の腕だけは確かなようです


019_2013082617522415c.jpg
018_20130826175241fa5.jpg


さてデカパン先輩はさて置き

ご来店の皆様大変お世話になりました

いつもありがとうございます 押忍

001_20130826171611714.jpg
006_20130826171655a4f.jpg
007_20130826171724469.jpg
009_20130826171801295.jpg
011_20130826171848a87.jpg
012_20130826171921185.jpg
014_20130826171958def.jpg
015_2013082617203173a.jpg
016_201308261721146c9.jpg
017_2013082617221474b.jpg
022.jpg
023_20130826172341c6d.jpg
025_201308261725159b5.jpg
スポンサーサイト
category
イベント

信州タッチミーティング行ってきます

いいかげんこう暑いと何もしたくなくなりますね ブログの更新も

何食べて良いかさえ解りませんわ

じゃあ果たして痩せたかと言うとそんな事もないんですね

不思議ですねー


さて今週末は例年通り信州タッチミーティングに出店します。

来られる方は気をつけて安全運転でお越しください

信州タッチミーティング詳細はこちら



category
イベント

もしかしてだけど

また長女からの電話が鳴った

『どこかお昼食べに行こう』

前々回のブログで書いたがクソラーメン屋で酷い目に合わせたばかりなので

今回はリベンジとなる

あんな店に連れて行ってしまったという事実は私にとって非常に不甲斐ない

長女の信頼を落とす結果となってしまった

次は絶対に外せない


という事でここは神のお力を借りる事にした


炎天下の中40分ほど車を走らせたどり着いた神の店

猛暑日でも外には軽く行列が出来ている

当然だ 神の店なのだからな


20130807133202.jpg


どうだ、元娘よ これが神の味だ 参ったか

現在妊娠・・・何ヶ月だっけ?

まあ来年頭には出産予定の胎児にもこれで神が宿ったな

元父親に感謝するんだな 


しかしここでもちゃっかりおごらされるのである

全くいつまでたっても甘え癖が抜けない

お前はもうウチの娘ではないのだぞ まったく・・・


その夜

6日が次女の誕生日だったのでその絡みで家族で外食をする事に

次女のリクエストは寿司だった

まあ年に1度位はしょうがない と超高級寿司屋に家族3人で向かった

威勢のいい掛け声が飛び交う店内 平日の夜なのに繁盛している

広い板場には5人の職人がそれぞれ寿司を握っている

ホール係の女性店員はカウンターの椅子を引き

『こちらへどうぞ』と案内してくれた

すると一番奥にいた板場の職人さんが『こちらへどうぞ』と

ホールの店員とは違う席を指す


どちらに従ったらいいのか解らずにいるとホールの店員は

『失礼いたしました あちらへどうぞ』 と

一番奥の職人さんの目の前のカウンターへ案内された

どうやら板場の職人さんの方が権威は上のようだ


その職人さんはまだ若い女性で男ばかりの板場に花を添えていた

ハキハキとした声で客の注文にテキパキ応じる姿は何とも好感が持てた


しかしなんだろう この胸のときめきは・・・


人の眼を見て話すというのは接客業ではごく当たり前の事だろうが

彼女に見つめられると何ともいえない気持ちになる・・・

気のせいかもしれないが私の眼を見つめるその視線には何らかの想いが込められている気がする

彼女にとっても私は『ただの客』ではなさそうだ 



私はずっと彼女の仕事ぶりを見つめていた

他の客に対する話し方や所作

一生懸命さが伝わってくる

もし他の客が彼女に何か文句を言おうものなら表に引きずり出す位の思いがある

いや、もしくは彼女に代わってオレが土下座する位の勢いもあるのだ


なんだこれは 今まで感じたことの無い感情がわいて来るのであった


いけないとは思いつつ彼女の写真を隠れて撮ってしまった

130807_200153_20130808120159113.jpg

そして別れの時間がやってきた

お会計を頼むと少し寂しそうな表情で応対してくれた

彼女の指示でホール係りの店員が皿の枚数を数えにやってきた

彼女はその店員へ小さな声で


『割引お願いします』



とだけ伝えた



もしかしてだけど もしかしてだけど

やっぱりオイラに気があるんじゃないの






そろそろ感づいてきましたね そうです 実は長女なんですよ すいません

ここでバイトしてる事は知ってたが今回はちょっと驚きました

ホール係だと思っていたのにいつの間に板場に立つようになったのだ

普段見てる面倒臭がりでだらしない感じとは全然違い、なんだかいつのまにか立派になってて

長女の違う一面を垣間見て もう元お父さん涙ですよ

でも他の客の目もあるからお互い全然親子って態度は出せませんでした


父親らしい事などした覚えはなかったが子供の成長を見るのは嬉しいものだね

まあ今は大変だろうけど幸せになるんだぜ




category
物語

老舗注意報

またラーメンの話しですみません

どうも私の好み的には新しいモノ、ニューウェーブ的なラーメンつけ麺よりも

どこか懐かしい昔ながらのモノ、オールドスクール的なモノの方が好みかもしれません

ネットの情報はどちらかというとニューウェーブばかりがクローズアップされていると思う

古くから営業している老舗店の味は古いと感じる若者が増えてきているのではないかなと

だからネット上で人気がある店を調べて行ってみると大体ニューウェーブ系だったりする

ニューウェーブはやはり旨い所が多いですね さすがですよ

だけど最終的に『ハマる』のはオールドスクールの方が多いように感じます


そんな事に気付きここ最近、各地の人気老舗店を調べ食べて回っておりますが

ハズレを引く可能性はニューウェーブに比べ圧倒的に高いのです

つい先日もF市で残念な思いをしたところでした

その店は地元に根付いた人気店なのでしょう お客さんも一杯でした

しかし私の口には全然合いません 一言で不味い 海の家みたいでした

なるほど、こういう味が好きな人も大勢いるんだなと改めて人の味覚の違いを実感しました


そして前回のお話で隣の隣のH市で1位だったつけ麺屋と書きましたがちょっとした勘違いでした

前回のお店はH市で3位 人気急上昇のためポイント獲得率がここ最近で1位という事らしい

じゃあH市で1位の店に行って見ようという事になりまして

本日、妻と妊娠中の長女を連れ行ってまいりました

余談ですが長女は昨日から、一緒にラーメン食べに行こうと誘ってくるんですよ

何か企んでいるのかと思ったら単に

パパについて行けば美味しいラーメンが食べられる

と思っただけらしい


F1001181.jpg

おお?なんだか古っぽい外観 老舗臭が漂う

店のドアは半開きの状態 入ってみると


尋常ではない蒸し暑さ

多分皆さんが飲食店では経験した事ないであろう暑さです

車の温度計は35度を表示してましたが、その外気温より更にムワンと暑いのです

え?ウソでしょこの暑さ すぐにエアコンつけてくれるんでしょ?

って思いましたよ本当に

そしたら『入り口の方は暑いので奥の方へどうぞ』

ってもうすでに暑さで朦朧としてそうな年配店主に言われ

奥へ行ったけど全然変わらない暑さ

一応エアコンはつけてるようだけど全く意味を成していないんですよ

扇風機数台で熱気をたらいまわし的な感じ

たまにヒヤ~ンっとエアコンの冷気を感じるがすぐに扇風機の熱気がかき消す

店内の大気でカミナリでも発生するんではないかと心配になる


F1001178.jpg

ウソだろホント勘弁してくれよ と眉間にしわを寄せる

妻と長女は私が怒って暴れだすのではないかと思っているに違いないが平静を装い涼しい顔

ええ、当然私達以外に客など誰もいないですよ いるわけありませんよ

誰が気温40度湿度99パーセントの薄暗い店でラーメンなんか食べたいんですか

苦行僧ですか 我々は

ちょっと待て この環境で営業してもいいの?

なんか保健所みたいなとこに言われないのかね 知らんけど

へー はんのう・・・いや、H市では空調もコントロール出来ない店が1位なんだ


もうネガティブな事しか浮かんできませんわ

そういう環境なんですよ 通ってたら犯罪者になるでしょうね


食べ終わって外に出たら『あー涼しい・・・』って思いました

あの店から出れた事に幸せを感じました


え?肝心な味はどうかって?

旨いわけないでしょうが

どんなに旨いラーメンでもあの環境で食ったら不味くなりますって

今までエアコンが効かない店は何軒も見てきたが

ここまで度を越えた店は初めてですし今後もこれ以上はないと思います

当然ですが二度と行きません 涼しくなろうと

長女もこんな時に限って なんかスマン・・・


店主に悪気は無いのでしょうが何のためにラーメン作ってるんだよと聞きたい

何が一位だよバカ野郎

そして今夜こんな店を支持するラーメンデータベースの奴らを一人残らず呪う儀式を行う







大げさに書いていると思うのなら行ってみればいい




007_2013080120222167a.jpg

category
ラーメン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。