Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ブレスレット

新作ブレス2点

気合を入れて新作ブレスレットを2点作っておりました

せっかくだから【TJ】のロゴの書体を変えて作りましたね これまたカッコイイでしょ

それ以外はほぼ同じ仕様です ヘヴィーで武骨です 上品なOUT LAW様限定 

今キーボードを打つオレの左手につけていますが・・・ ついつい見とれてしまいますがな(笑)

あ、そうそうTバー装着部にシルバーダイスをセットしました

『NO RISK NO FUN』 人生はギャンブルだっつーことでね

シルバーダイス付き

バイブズ新潟で初お披露目となります お楽しみに


そういやもうバイブズMTGの季節か 一年ってホントに早いね

今年はヤバイでしょ 全国から鬼のように集まってくるであろうリアルバイカー達

今年も楽しもうぜ 
 



スポンサーサイト
category
未分類

謝れない人

ウチの近所に某牛丼チェーン店がありちょくちょく利用しているのだが

昨日中途半端な時間に行きカレーを注文したんですわ 

ま、時間も時間なんで客もまばら オレの入店前に3~4人程しかいなかったと思う

ゆったりとカウンターに腰をかけ、『お待たせいたしました』と、すぐさまカレーは出てきた

配膳係のおばちゃんが優々とあとにしようとしたその時 隣の男性客が必要以上に大きな声で

『カレーまだ!?』 と、おばちゃんに食いついた 少々怒り気味である

そういや隣の人オレより先にいたはずだよな・・・

その一瞬で全て理解しましたね

オレよりも10は上に見えるこのおばちゃん 同じオーダーを単純に運ぶ順番を間違えたのだろう


おば 『は? あ、確認してきますので少々お待ちください』 と少し慌てていたが

小走りで厨房へ行き速攻で戻ってきて

『只今調理中でございます もうすぐに出てきますので(笑顔)』 

只今調理中のそれはオレのオーダーに違いないだろう(笑)

男性客 『・・・・・・(無言)』 

それから1分もしない内に男性客のカレーは出てきた

おば 『大変お待たせしまして申し訳ございません』


最終的には謝罪の言葉を口にしているがこれは【店】の立場での謝罪だ

事情が解らない人から見れば男性客はクレーマーでババアはマニュアル通りに対処したかに見える

ババア個人のミスには一切触れないように立ち振る舞っている 誤魔化したいのだな

保身のためかプライドなのかは知らんが凄くみっともないぜババア

まぁオレが怒る立場じゃないね それこそクレーマーになってしまう(笑)


誰でも仕事上うっかりミスする事はあるだろうよ

それによって他人、ましてやお客に不快な思いをさせたのだから素直に謝るべきだろ

いい大人がそんな道理もわきまえてないんだからな 


しかし・・・【謝れない人】って結構いるよね 単純に精神が甘ったれなんだと思うね

フフフ・・・ そういう我が家にも一人いるね・・・


書いててスッキリしないのは奴のせいだな チクショー(笑)









category
未分類

未確認だが

未確認???物体????
昨晩(19時頃)の写真 月の右下に何やら不自然な発光体があった

赤と白の発光を交互に繰り返すようにチカチカと見えた 

飛行機だったら移動するはずだろうがこれはずーっとその場にとどまっていた

『どうせ写らないだろうが・・・』と思いながらも望遠で撮ってみたら2~3の光が写っているね・・・

こんな風には見えていなかったさ もっと小さなひとつの輝きに見えたし

ただ星の輝きとは明らかに違って見えたのだ


注意深く周りを見渡すと同様の発光体が他にも2体あった・・・


天文に詳しい人や航空学に詳しい人達に是非聞きたい

まずこういった星は存在するのでしょうか?

飛行機や人工衛星がその場に静止する事は可能なのか(少なくても10分以上はあった)


オレが何を疑っているのかはお分かりですね?(笑)


今晩も注意深く見てみよう




category
未分類

まっとうであれ

長女の婿の通勤の足であるバイクが盗難にあったらしい またか・・・

ロックをかけていなかったらしい

『全くあいつは危機管理がなってない』 と言う前に盗んだ奴が悪い 当たり前だね

まあウチも偉そうな事は言えない チャリと原付を数回盗まれている 通りっ端だしね

次女所有の子供用チャリでさえだ これらはおそらくガキ共の仕業だろう

それらにさほどの悪意は感じられない あるのは身勝手さだろう

ガキが身勝手な発想を起こす理由はいくつか考えられるがいずれにせよ

『良い事』と思って盗みをする奴はいないだろう さほど『悪い事』とも思わんのだろうが


何も感じないのだろう 身勝手な思考はそいつらの【普通】にすりかえられている

正直に生きたって馬鹿を見るだけだと 他人がどうなろうと知った事じゃないと

人生の先輩達を見て感じ取っているのだと思う 一番身近な先輩は【親】だろう


いや、ここで謝罪せねばなるまい 

こんな事言ってるオレだが実は中学の頃万引きで捕まっているしチャリを盗んだ事もある

上記はまさしくオレ自身の事だろう



昨晩も超頭が悪い長男と話をした いや、オレが1000喋ったとして長男は1の割合だが

働き先で仕事上のミスを犯しながら謝罪をしなかった 今回クビになった最大の理由だ

その他先方から聞いた話では 『誰も見ていないとすぐ手を抜く』 それは以前からそうだ

馬鹿で仕事が出来なくてずるい 最悪である・・・ 

今更馬鹿なのは仕方が無い 

仕事は人より時間が掛かるだろうが努力して出来るようになればいいだろう

その上で『せめて素直であれ』と願うのだが何度も同じ過ちを繰り返す

オレ達夫婦にはもう少し【苦労】が必要なようだ

怒鳴ってばかりでも仕方が無いようだ しゃがんで目線を合わせてみた夜だった


そして昨晩感づいた事

長男が一人立ちする事よりも先に【人間としてまっとうであって欲しい】と










category
未分類

邪悪 or ジョーク

企画書

【有限会社 源】が今進めているムック本 DOKURO-MON(仮称) 10月末~11月初旬発売予定

シルバーのみならずありとあらゆるドクロ物を網羅したドクロ専門カタログ誌だ

この企画、今年の春から聞いてはいた 当初は夏に発売予定と聞いていたのだが

一体いつになったら声が掛かるのかと待ち続けた春夏・・・ あれーどうしたんだろう・・・

スカル専門TJにとって、この企画でお声が掛からないようなら自殺してたかもしれない(笑) 

危うく殺されかけた意地悪会社(笑)源がお送りするDOKURO-MON 発売まで心して待たれよ

(このくらいのジョークは笑ってくれますよね 天下の源さま いつも感謝してます 押忍w)


さて、シルバーウィークなどと聞きなれない週間ですが皆さん連休中でせうか?

各地キャンプなど行って楽しく遊びまくってやがりますか? 浮かれまくりですか?

『そのまま社会復帰出来なければいい』と心より願っております(笑)

オレのシルバーウィークはずっとシルバーワークスですwww


ふと作品に話しかけてみるオレは決してノイローゼではありません 

どちらかと言えばロマンチストですwww


TJ 『どんな人がお前を相棒とするのかねー?』

スカル 『ふ、それは人間が決める事じゃねぇ オレ達が決めているんだよ』

TJ 『ええ?そんなバカな・・・』

スカル 『そもそもお前も勘違いしているがオレ達を創り出してるのはお前じゃないんだぜ

     お前はただ単にオレ達に操られて作らされているだけなのさw』

TJ 『ガビーーン! それじゃぁお前らの目的は一体何なんだ?・・・』

スカル 『人間にとり憑いてその人間のエネルギーを喰らう為さ フフフあれは旨ぇからな・・・』

TJ 『な、なんて邪悪な・・・オレは今までそんな策略に加担していたわけか・・・・』

スカル 『おいおいw 確かにオレ達は邪悪だが憑かれた人間にとっては悪い事ばかりじゃねぇぜ』

TJ 『どういう事だ?・・・・』

スカル 『オレ達は大きな人間のエネルギーを求めている 大きければ大きいほどいい

    ショボくれたエネルギーなんざ腹の足しにもならん ハナからそんな人間には憑かんさ

    オレ達は憑く人間を選び最大限のエネルギーを出させるように操るのさ 

    それを人間共は生命力と言っているようだがなオレ達にとっては格好の餌場なわけだ

    その餌を独占する為にチンケな低級霊が寄ってこないようにもしているんだぜ』

TJ 『でも低級霊よりもお前らの方が邪悪なんだろ?』 

スカル『とり憑くと言っても殺すわけじゃない オレ達にとっては不利益だろう? 逆なんだよ

    エネルギーで満ちた健康体にいつまでも憑いていたいのさ その為に操るだけだ

    以前お前に書かせただろ オレ達は人間共にとったら魔除け、お守りになるんだってな

    あながちウソでもないぜ 喜んでいる人間は結構いるんだぜ』



・・・・・・・はっ!いつの間にかこんなブログを書いてしまっていた やばいやばい・・・・・

邪悪なあいつらにまたしても操られていたようだ これは決して公開するべきではないな・・・と

あぁ・・・て、手が勝手に動き出す・・ やめろ やめるんだ そのキーをクリックしたら更新されてしまう

やめろ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!



恐怖!




【ポチッ】         (笑)


    


    
category
未分類

多数派

ココア&マロン
早い時間に近隣では有名なバイカー犬が遊びにやって来たwww いや、先輩バイカーですがね

ヘリテイジからサイドカーへ乗り換えたらしい 誇らしげに、見せびらかしに来られた(笑)

サイドカーにした理由は画像の通り、愛犬コンビを各地MTGに連れて行く為らしい

しかし愛らしいですね~~ オレもこんな顔しといて目尻が下がりましたよw 


中々楽しい発想が出来ない昨今でございますが無条件で癒される存在に感謝だな

子供達が全員巣立って行ったらウチも飼おうかな犬 その時になったら考えよう


そうか 我が子達もこのFUCK THE WORLDへ出航するのだな 

強く、正しくあって欲しいと願うね


オレが自分で社会不適合と確信したのは30歳を過ぎサラリーマンになった時だった

それまでのオレの【常識】があまりにもかけ離れていた事に気付いた

多数派の【常識】はオレにとっては【非常識】だったのだ 


オレは偏差値42のバカ高校を下から2番目の成績で卒業した輝かしい学歴を持っている(笑)

大卒者ばかりの会社に高卒で途中入社のオレがどう見えたかは不明だ

入社早々にチンケなイジメを受けたな それがイジメだと理解するのに時間は掛からなかった

そのイジメはオレだからされたと言う事も無さそうだ 恐らく誰に対してもしたのだろう

入社10日目の朝、妻に

『クソ上司ブン殴って辞めてくるわw』 

それに対して妻は 『そんな奴思いっきりやっちまえ』 と言ってくれた(笑)

結果的に暴力は振るわなかった その雰囲気に周りが集まってきて説得された

だが『殺すぞビーム』をおもクソ浴びたそいつはその後、ガラリと態度を変えてきたw

二人だけでいるとオレの方が上司に見えるくらいに(笑)


その他 いくつもイジメ、嫌がらせ等を見てきた それらは悪質というレベルではないが

明らかに【仕事】をこなす事に対しての妨害、支障にはなった

大概は上の立場のヤツがそうしてくる 支離滅裂な理由を掲げてね

または同僚らもそれを見てニヤリとしている いや、全員ではないが

サラリーマンはイジメをしないと生きていけないのか なんてマジで思った事もある

まあ余程嫌われてたんでしょうがね 開き直ってましたしw 


この人達にとって会社ってどんな存在なんだろう 

その組織の中だけの立場を利用して自己顕示をしているだけのように思えた 楽しいのかな


会社を一歩出れば、そいつらの事を人間として魅力的だなんて誰も思わないだろうにな



しかしもしもこの多数派に属していたらきっと出世してたと思う 学歴が関係なければだが


もしもオレが真面目に勉強してて大卒でエリート会社に入社してたらって思う事がある

『出来れば転職はしたくない』と考える気持ちはよく解る それまでの努力の集大成がそこだもんね

【安定】を求めて会社にしがみ付くかもしれない 

組織の中で【出る杭】にならないように気を配るかもしれない

多数派でいる事が自分の身を守るものだと思い込むかもしれない 

多数派でいれば安心できると信じているだろう

そしてその企業の思想を植えつけられる 洗脳だとは気付かないだろう

電車の席を老人に譲る社員よりも、扱いやすく金を生む社員の方が企業は望むだろう


大げさな話だなって思うかい?

実際通勤電車で席を譲っている人を余程見かけないだろう?

困っている人を見て見ないフリをする人達ばかりだろう?


もしもそれが出来る人間ばかりの世の中なら・・・

見て見ぬフリする奴等が【社会不適合】と呼ばれるハズだろうにな(笑)



PS 別に多くのサラリーマンをけなしている訳では決してございません

   しかし不快に思われた方がいらっしゃったら・・・

   それはアナタに上記の事が当てはまっているからでは無いでしょうか?

   
   ・・・かわいそうな人間だな おい(笑)




category
未分類

信頼

今朝は家族全員が寝坊するという慌しい朝を迎えました

実際困るのは次女だけなのですがw

昨晩は妻と少々遅くまで話し込んでしまったせいかもしれないな 反省しよう

ま、何を話し込んでいたかと言えば明るい話でも色っぽい話でもない訳でw

順風満帆に万事が進む事などないのが世の常だ


ひとつは毎度の話 『学習障害者長男問題』  ついに根を上げたらしい話を先方より聞いた

あともうひとつあるのだがそれは追々。。。。。


あまり楽しくない話しをため息の一つや二つつきながら互いの意見、考えを交える 

かれこれ20年間もこうしてお互い共通の問題に眼を向けてきたのだな

どちらかが放棄したり責任転換する事も無くお互い誠実に向き合ってきたと思う

独りでは抱えきれなかっただろう

オレにとって妻は【世界で一番信頼できる人間】に成り上がっていた


【負】の要素てんこ盛りの家庭の中でオレ達夫婦は強い信頼関係を築き上げたのだ

まさしく戦友と呼ぶに相応しいだろう

逆に全てが順風満帆に進んでいたならきっとオレ達は上手くいってないだろう

自分の性格を客観視したら容易に想像できる事だ(笑)


昔だったら『不幸』と思えた事柄が今は『苦労』だと思っている

『苦労』の行く末に待っているのはきっと明るい未来だと信じたい

オレ達はネガティブをポジティブに変換できる能力を授かった うん、言いすぎでした スマソ


でも苦労あってこその夫婦愛もあるのではないかな オレ達みたいな


アナタはパートナーの事を信頼してますか?

え? してない???・・・


どうも生活に【不幸】が足りてないようですね・・・・・

処方箋とウチの長男をお出しします  お大事に(笑)





category
未分類

運動会のちFFパーティー

行って来ました 合言葉は【自己責任】のプライベートキャンプ FFパーティー

先月号のバイカーズマガジンV誌に告知されてたんだけど知ってた?

イベント名と開催日が載ってるだけ

【開催場所、問合せ先は自分で探してください】などとふざけた暗号文が記載されてたのだがw

まあそんな秘密の集いだからこその選ばれし者達と濃い時間を過ごしてきました

本来であればキックバックMTGに出店の予定でしたがかぶってしまいました

仕事よりも友情をとってしまいましたw 後悔しなければいいのですがね(笑)

それこそ自己責任でしょうよ(笑)


土曜日は次女の小学校の運動会でした 

次女がどうしても見てもらいたかったと言うロックソーラン節を

『パパちゃんと見てたよ~』 とアピールした後すぐにキャンプに向かいました

一家団欒の昼食を放棄して・・・

元々妻は今回のキャンプは出店(仕事)で行くと思い込んでたようで仕事ではないと解ると

『信じられない 好きにすれば』と捨て台詞を吐きましたね・・・

え~~~今キャンプから帰宅したのですが怖くてリビングに行けてませんw

自己責任の上で何とか乗り切ってみようと思います

愛があるから何とかなるでしょう(笑)


そもそもオレが小学生だった頃、運動会の昼食って皆教室に戻って食べてたんだよね

親が仕事で見に来れない子供達へ配慮した事だと思うんだが

そのせいか当時の運動会は現代よりも閑散としていた記憶がある


オレも妻も保護者として運動会に参加する事が嫌いだ 出来れば行きたくないと願う

毎日見ている我が子だ 走っている姿踊っている姿をこんな人ごみの中で見たいとも思わない

でも我が子が見て欲しいと願うのであれば【仕方ない】と言う事なのだ

徒競走で順位をつけたり踊りで周りとの協調性を垣間見たりで一喜一憂する親ではない

例えそれらが出来なくとも我が子の存在を愛しているのだから


前にも言ったけど【親】がウザイ ウザくてウザくて仕方が無い 世界で一番ウザい場所(笑)

あと何回あるんだ・・・   FUCK THE 運動会(笑)





category
未分類

給料泥棒

昨日は何だか東西線の事故かなんかで大変だったみたいっすね 人事ッすがw

会社通勤してる方々は【遅延証明】をもらって堂々と遅刻するのでしょうねw


サラリーマンとして通勤していた頃、まあバイクで通勤してたのでほとんど関係なかったのだが・・・

あ、当時勤めた会社はバイク通勤など認めていません 電車バスのみ通勤手当が出るのだ

オレも自宅から会社までの通勤定期代を支給してもらっていた 当然電車通勤してる事にしてね

もっぱらバイクの整備費やガソリン代として使わせてもらっていた 遊ぶ為の資金にもなったがw


で、バイク通勤は電車によくある通勤トラブルもないので遅延証明を提出した事などほとんど無い

あったのは雪の日だけだろう さすがに雪の中をバイク通勤しようと言うクレイジーな男気は無かった


さて、ここで間接的に問題になってくる事がある

ほとんどの社員が遅刻するような通勤トラブルがあった日でもオレだけはいつも通り出社してしまう事

『あれ?TJさん ○○線止まっているはずですよね???』

えーーっと 当然それは初耳なんですがwww


そんな事が何度もあると周りの奴等はウスウス感づいてくるだろう

上司に呼ばれて バイク通勤してるだろう? と尋問された事もある

『まさか 神に誓ってそんな事しませんよ』 こういうウソは鼻の穴からホイホイ出てくる

誰に迷惑をかけているわけでもない バイクに乗れるというひとつの能力だと思っていた


周りからは一匹狼とよばれた 狼は【オオカミ少年】の意なのだろう(笑)

オレの事を快く思わない連中ばかりなのは気づいてた


有給休暇を使いまくり残業もほとんどしない それは別に誰かに迷惑をかけてる訳じゃあない

自分でそう出来るように動いていたからだ 仕事以外にやりたい事が多くあるのだ

前にも言ったが仕事は出来る男だった

いや、周りの連中があまりにもレベルが低いからそう見えただけだろう 


凄い上の上司に呼び出された事があったな

『何故お前は残業をしないんだ?皆一生懸命やっているだろう?』 とか文句言われ

『残業しないで済むように動いてますので』 って反論したんだ 堂々と

上司 『お前がそういう態度だから皆から文句が出るんだ』

TJ 『え?皆文句言ってるんですか?迷惑を賭けてる訳じゃないでしょうに?』

上司 『周りの事を考えて少しは協調性を持てよ』

TJ 『どうしろっていうんですか?やる事もないのに残業するフリしろって事ですか?』

上司 『いや、そうは言ってないが・・・』 いや言ってるだろうがバカだなこのジジイw

その後も納得の行く説明も無いまま社会のルールだの何だのってウザイったらねえな


『はい、これからは気をつけます』 ってテキト~に返事したんだ

だって説教の時間が残業時間になってたんだ クソジジイの説教なんかより早く帰りたいのだ


で、その数年後 クソ会社が生意気にも上場を目指し、根本的な経営スタイルを見直す事となる

『なるべく残業するな 休みは月何日以上とれ』 今までと180度違う方向を向きだした

今まで会社の【核】となっていたダメ社員達は目をつけられた 立場が逆転したのだ(笑)

労働基準法に基づく経営姿勢でないとってか あほくさ 辞めた今では早く倒産しろと願う毎日(笑)


オレは会社の為に働いたのではない 自分と家族が生活する為に仕方なくだ

会社の利益になる事をしてその見返りに給料をもらう それだけだ

会社に利益を与えられないのだったらそれは給料泥棒という事だ そこだけは筋を通した

勤める会社に愛情などある訳なく又は会社の奴隷になったわけでもない

会社にしがみ付こうとか守ってもらおうなんて考えた事もない

給料が増える事は嬉しいが昇級などしたくもない 非常にドライなのだ



それでこその社会不適合者だ    多分(笑)





category
未分類

メン募

20090906173536.jpg 20090906173514.jpg

昨晩は友人のKing-Joe君が企画してるイベントSPIN JAM 13へ今年も遊びに行きました

Rock、Tattoo、Chopper そしてアダルトな催しが織り込まれた18禁のイベント

前回大変盛り上がった【ジャンケン大会】

付き合いのあるショップさんらが協賛品として景品を提供しジャンケンの勝者にプレゼントされるのだ

協賛などとおこがましいがオレんとこの【FUCKIN Tシャツ】を2枚お土産に持って行きました

まさかオレ自信がステージに上がり皆さんとジャンケンする事になろうとは思わなかったがw

きれいな女性2名が当選されました バンバン着て宣伝ヨロシクっす


で、このジャンケン大会の豪華商品のひとつ スポーツスタータンクをGETしちゃいました

いい機会だからオレのハーレーもチョッパっちゃいましょうかねw


オレにとってやはりこのイベントの核となるのはLIVE BANDだろう

血が踊り肉が叫ぶ いくつになってもこれだけはやめられん

チクショーッ オレも弾きてー! って気持ちになるんですわ毎度の事ながら

そしていつもカベにぶち当たるんだ

『バンドは一人っきりじゃ出来ないんだ』 ということに・・・


基本バンドをやっている連中ってのは個性もクセも非常に強い人間ばかりだ

クセのない人間は逆に言うとあまりカッコよくないのだ オレ個人の考え方だが

その中で最低限お互い気が合ってないとバンドを組む話しなど出来ないだろう

それぞれが置かれた生活環境がバラバラでは練習する時間さえとるのが難しいだろう

多少なりとも無理をして時間を作り出し地道な練習を繰り返さねばそのバンドのグルーブ感は出ない

オレが望むバンドを創るにはどう考えてもお気軽な動機では出来ない事に気づかされるのだ


多くのアマチュアバンドの方々に敬意を表します

貴方達独自の熱い【音】に常に感動させられます 


しかしやりたいと思う気持ちが器いっぱいに溜まってきた もうじきあふれ出しそうだ

今の生活に+バンドっていう新たな目標を立てよう 

よし、この場を借りてG以外のメンバー募集をさせてくれ

そこの(演奏ができる)アナタ 一緒にオレ達のグルーブを創り出さないかい?


『オーディエンスでいるよりもプレイヤーでいたい』

その感情に改めて気づかせてくれた【SPIN JAM 13】に感謝しよう





PS ちなみに今回、刺青を増やしたい野望も器いっぱいになりました(笑)



category
未分類

欧米化

クレEンしんちゃん
次女(小4)に笑われました(笑) いやー落ち込んだね こんなにも脳みそ退化してたのかオレ

ネタのためにわざとやったって思われた方がまだマシだろうなと浴槽でつぶやきながら 

脳みそ欧米化に悩む今日この頃 社会不適合者TJでございます 

皆様いかがおすぎとピーコですか


この仕事をしているとペンを持って【文を書く】なんて事がよほどない

そのかわりに毎日バーナーを持って【汗をかく】    ウマイッ! ?

ブログやメール等は自動で変換してくれるからね いつの間にか頼ってしまってたんだろう

いや、ひょっとしたら IT化が進んだ現代においてはよく見られる事例なのではないだろうか?

そうだ そうに違いない そうでしょう? そうだと言え お願いします


閉ざされていた記憶の奥から一片の思い出がヒキガエル・・・    いや、よみがえる

20代前半頃かな バー兼ライブハウスの雇われ店長をしていた頃だ

その店で働く同い年の相棒と【ファンキーブラザーズ】と名乗りを上げ夜の街を席巻していた

ファンキーブラザースとは早い話カラオケデュオコンビなのだ

メインで歌うのは相棒でオレはハモリやかけ合い、パーカッション、ゴマすり等を担当

この相棒の歌唱力はマジで凄かった オレの役目は彼の引き立て役だ

彼が甘いスイカだとすればオレは塩なのだ スイカはそれ単体でも美味いのだ

塩単体だけではしょっぱくて食えないがスイカに振り掛けるとその甘みをより引き立てるわけだ


基本的にはオレ達ファンキーブラザースは自分らが勤めるバーの宣伝の一環でやっていた

決して『女の子にもてたい』とかの不純な動機があるはずもない ないと言ったらないのだ

やがてはカラオケではなくバンドでイベントを企てる段階になった 

ライブハウスとしての設備が充実している店だ 当然の発想だろう

分厚いコンパネでステージを組む・・・う~ん 店長権限でなんとなく缶ペンで落書きを施してみる

うん いいじゃあないか 一番目立つところに【FUNKY BROS】と描こう 社長も見てるし丁寧に

え~~っと F A N・・・・・ 相棒『あ、スペル間違えてるよ』

『えマジ?そうかAじゃなくてUか しまったな』 暫し考えて閃いた Fの字を無理やりPに変えて

PANK でAをアナーキーマークにして・・・ 相棒『パンクって描きたいんだろうがやっぱりUだよ』

『えぇ~~~??』 マス夫さんみたいな声を発してしまった事は黙ってて欲しい・・・

ああ、取り返しが付かない 一度ステージ全部を黒く塗りつぶす事にした 結構な手間だが

こっちの方がいいじゃないか 怪我の功名だと皆言ってくれた 社長も笑っている ホッ

しかしどうしても【FUNKY BROs】と描きたい衝動にかられる 

今度は白い缶ペンで描く え~っと F A N・・・ やべぇ・・・またやっちゃったどうしよう・・・

まだみんな気づいていない 何とかこれをごまかす英文はないものか必死に模索する・・・

『そうだ ファンタジー だ これしかない』 社長の威厳がオレの無知さを暴き出す事になる

急いでFANの後につづける T A・・・・ おいおいファンタジーのスペルがわからネエよ・・・

そっと誰かに聞きに行こうと思った時に社長に見つかってしまった

『おい、飲み屋が清涼炭酸水の宣伝してどうするんだ』 あ ファンタか・・・

結局白で帯状に塗りつぶしその上から黒で【FUNKY BROs】と描いた

結果的にその仕上がりは素晴らしかったのだが描いたのはオレではなかった 

信用を失墜させてしまった男に2度と缶ペンが握られる事はなかったのだ・・・・・



余談だが相棒は後にプロダクションに所属し、某TV局の歌番組にレギュラー出演を果たす事となる

あのアムロちゃんやまっくすがまだ売れていない頃、彼と一緒に共演してたんだよね

陰ながら応援してましたがやはりこういう業界で生き残るのは至難の業なのでしょう 

シングルを2枚発表したが上手くいかなかったのだろうな


彼の画像が無いかネットで調べてみたら・・・

YOUTUBEにアップされていたのを偶然発見した まだ去年のものらしい・・・?

このブログを書き始めなければきっと見つけられないままであったろう 

そうか まだ歌っているのか なんだか嬉しいぞ

この曲がまた懐かしいのだ 彼の結婚式でオレがギターを弾いて彼が歌ったマリッジソングだ

夢と希望に満ちていたあの頃の思い出を肴に今夜は一杯やるか

FUNKY BROsの復活を夢見て(笑)







FUNKY BROs

その当時のFUNKY BROs LIVE の写真 

古いアルバムから引っ張り出してきたら1989年の頃と解りました


category
未分類

20世紀少年

火曜日は美しい妻と【20世紀少年 最終章】を見に隣町まで行きました

夏休みも終わった平日だし空いているだろうと思ってたんだが甘かった 

基本的に大甘な思考回路で生きている事を後悔してみたり(笑)

いい席は埋まってましてね 最前列2列目で観覧する事になった さすが大人気映画だな

眼と首を仕事以上に疲労させてきたよ いやーバカみたいに疲れたw


しかしいい映画っすね 原作も読んでおりますがチョット設定が変わっておりましたね

こういう物語を創造できる脳みそを尊敬するね


原作漫画【20世紀少年】はウチの長男のコレクションだった

当時まだ連載途中の話だったのだが長男はチマチマと古本屋でそろえていたようだ

親のオレがすっかりはまってしまいどうしても続きが読みたくなったもんだ

『小遣いやるから新巻買って来い』 と何度かパシリにした事が今では思い出になっている


さてご無沙汰の長男ですが今現在、家にはおりません

とりあえずは働いておりますが給料など出ません 社会に適合する為の修行とでも言いましょうか

毎日辛い肉体労働を出来ないなりに努力していると信じたいものだ

もしも親が違えば『障害者』と思い込み過保護にする家庭もあるかもしれない

オレの父親がそう思う代表的な人間だ

『彼(長男)は普通じゃないんだから』 『かわいそうだ』 が口癖である 

親元から離すなど言語道断なようだ 孫可愛さのあまりオレ達夫婦のやり方に激怒しているらしい



親父の言う通りに過保護に育てたとして、その先には一体何が残るのだろう・・・

長男の事を、人間として一番 【差別】 しているのは親父なんじゃないのか?



長男が教えてくれた 【20世紀少年】 当然長男も好きだったに違いない

あの主人公達のように正義と勇気を振りかざす人間に憧れているのではないかな


そうさせてやりたいだろう?










category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。