Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

あるバイカーの悲しき幸せ

東京のベットタウンとも呼ばれる、とある小さな街

昔から地元に根付いた評判のいい焼き鳥屋があった

先代から続くその店は数年前に店舗を建て直し綺麗にリニューアルされ清潔感がクローズアップされていた

連日、地元の常連が集まりにぎやかさを欠いたことがないこの店

出す料理も当たり前だが絶品で、価格も安く庶民の憩いの場として選ばれている


そんなある日の出来事

隙間なく常連客が並ぶ店のカウンターに、どう見てもその場から浮いている男が一人

白髪交じりの束ねた長髪 手入れもまばらな髭 ドクロのシルバーアクセサリー多数

Tシャツの隙間からのぞく、あるいは手指に記されたタトゥー

その男以外の全ての者が関わりあいを拒否したい存在であった

しかし当の本人は周りのそんな空気さえ気付かずにいるのである


男は普段からそのようなスタイルで過ごしている

男は自らをバイカーと称した

男の仕事はシルバーアクセサリーの製造と販売

普段は一人工房にこもり、人と接触することもまずなかった


米製のバイク愛好家、いわゆるバイカーの集会(ミーティング)に自作シルバーアクセサリーを持ち込み販売をしている

ミーティングとは男のような容姿の者達がバイクで集まりキャンプをして一夜を過ごすイベントのようなものである

各地で開催されるバイカーミーティングだがその規模は大小かなりバラつきがある

3万人ものバイカー達が集まる大きなミーティングに参加した事もあった

ミーティングにやってくる者達は一般社会からドロップアウトした者も多くそのスタイルは個性的である

まず長髪とスキンヘッドの人口割合が異常に高く、両者で全体の8割を占めている

残り2割が金髪だったりモヒカンであったりアフロであったりといわゆる一般社会とは全く異次元の世界である

髭をたくわえた者は9割 残りの1割はほぼ女性バイカーだ

刺青、タトゥーを施している者は圧巻の99,9% 0,1%は見物に来た地元のおじさんか施設の管理人である

生活の糧となる仕事の職種は自由業5割 闇稼業4割 その他1割の大半は家事手伝いである

それが男のいる『バイカー』という世界なのだ

また、男の交友関係においても上記の割合が適合している

男の周りには髭を生やした全身刺青まみれのバイク愛好家だけであった

一般的にはかなり異質なこの世界が男の『日常』なのである


この世界の中では、男はほぼ標準的な人間であった

その世界で商いをしている事もあり、本人は自分を

『比較的温厚で誰とでも親しみやすい温和な性格 どちらかと言うとおとなしいタイプ』

と分析しているほどであった

なんなら首筋にタトゥーでも入れた方がバランスがよいとさえ思っているのである


男はそのバイカーだらけの日常と、一般市民が暮らすこの街との線引きが上手く出来ていないのである


焼き鳥屋の二代目店主はその男の1つ年上の先輩で、お互い20歳そこそこからの知り合いだった

二代目店主はバイカーの世界のことをよく知らない一般人である

店主は男のことを『なおちゃん』 男は店主を『ひでさん』と呼び合う事からもそれなりの付き合いをしてきた事が伺える

男は昔から洒落気と優しいところがある店主を兄のように慕っていた

また男は店主の奥さんとも同級生という繋がりもあった為、他人とは違う親近感があった


その日、男は最近手に入れたばかりの電子タバコを吹かしていた

まだ電子タバコが世に浸透していない頃の話である

たまたまバイカーの世界で流行りだしたのである

電子タバコを知らない人達からは『なにそれ?』と質問され、得意げに説明する事が日常であった

男の頭の中には電子タバコについて説明するひな形の文章がすでに出来上がっていた

しかし時には『それヤバいものなんじゃないの?』

と眉をひそめられる事も何度かあり、それに対して男は憤慨していた

ここでいう『ヤバい』とは非合法、犯罪という意味合いで、ドラッグの一種かと勘違いしての発言であった



1430209847995.jpg





ひでさんは電子タバコを知らないだろうな 男はそう予想していた

当然この日も店主が電子タバコに何らかの反応を示すだろうと思っていた

電子タバコを説明するためのひな形はすでに男の手元に用意されていた

しかし店主は男の予想を的中させることはなく、繁盛している店を手際よく切り盛りしている

ほぼ満席状態の繁盛店だ ある程度仕方がないと男は理解を示していた

中々男の方を向いてくれない店主に自分から

『これ(電子タバコ)見てよ』 などとアピールするような外交的な性格ではない

忙しそうな中、時折店主から笑顔でのアイコンタクトがあり、男もまた笑顔で返す

ただそれだけで男は満足だった


結局男はその日、電子タバコを一節も語る事はなく店を後にしたがそれはもうどうでもよかった

星空を見上げながら人との繋がり、大げさに言えば絆と今を生きている事を実感し、

そこそこ幸せな気分で男は帰宅していった

往々にしてバイカーという種族はその他の人種と比較し、幸せを感じて生活をしていると言われている



一方で焼き鳥屋店主はというと

店の営業を終え、愛妻と愛娘が待つ家に帰宅していた

店主は疲れた表情を見せながら妻に語りかけるのだった


『今日なおちゃんが店に来てさ』

妻『ああ・・・うん』

『もう参ったよ アイツ店の中でドラッグ吸ってやがってさ』

妻『ええ?それって危険ドラッグみたいなやつ?』

『そんなんじゃなくてもっと凄いヤツ ぶっとい注射器みたいな器具持ってきてさ』

妻『ええ?で、どうなったの?』

『なんかやたらこっち見てニヤニヤ笑ってた もう恐くて話しかけれなかったよ』

妻『ちょっと危ないよ 出入り禁止とかに出来ないの?』

『それは・・・・・(沈黙)・・・・・・・・・・・』

妻『警察に相談するとか・・・』

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


夫婦は昔からの知り合いである男に、家も家族も全て把握されている事に底知れぬ恐怖を感じていた

そして何の結論も出せないまま寝室の灯りを消したのだった


男と店主の間には120℃程の温度差があった



人間には表もあれば裏もあり、それぞれの価値観、常識が織り成す人間模様がある

例えばであるがこの電子タバコ 男ではなく身体の弱そうな少年が持っていたならば

『ああ、なんらかの医療器具なんだな』 と誰もが思う事でしょう

少なからず偏見の眼が男に向けられている事も事実なのです


皆さん この世には僅かですがバイカーという人種が存在するのです

日本各地に散らばって生息し文字通りバイクで移動し続けている為、どの地域にいても不思議な事ではありません

彼らは幸せを感じながら生活しています 

そしてその裏側で一般民間人の多くはバイカーに対し、不安や恐怖を抱えている事など知る由もありません





     あとがき

本文中に出てくるバイカーの世界観はフィクションです

しかしそれ以外の事象はほぼ実話から出来ています

主人公の男はすでにご承知の通り私自身です

一言のツイートで表現できてしまう出来事を第三者の目線で多角的に書いてみました

夫婦の会話は『もしかしたら』という空想で書いております

シリアスな表現だったかもしれませんが実際はそれほどの事ではありません

特に悪意や世間に対する不満などメッセージを書いているわけではありませんので

いつも通り笑って読んで頂ければ幸いです



スポンサーサイト
category
男シリーズ

【しげゆく】(動詞)

20111224132923.jpg


全国に6万人読者がいるフリーライターのブログが今話題だ

トラブル大盛の『活字を投げ飛ばせ!!』

この方は一切のブレがない一貫した姿勢でライターという天職を全うされている


ワタクシもブロガーとして彼を尊敬し【師】と仰いでいる

ワタクシ以前は (笑)とか www とか軟弱な表現方法をよく使っていたが

師の硬派な文章に魅せられて以来なるべくそれらを使用しないようになった

長きに渡り読んで頂いている読者は感づいていたことだろう

そんな小さな事でも何となく自分も活字を投げ飛ばしてる気でいたなんて

とんだお笑い種だ


こんな事でつまずいている自分が情けない









画像-043

はく【×箔】


1 金属をごく薄く打ち延ばしたもの。金箔・銀箔・錫箔など。「―を押す」

2 人が重んじるように外面的に付加されたもの。値打ち。貫禄。「―が落ちる」

◆箔が付く

値打ちが高くなる。貫禄がつく。「経歴に―・く」


◆箔を付ける

重みを加える。貫禄をつける。

===================== goo辞書より ======






テント箔


時に天才は我々凡人には少々難解な文章を書かれるのだ

そこがまたカッコいいところでもある

時に師はバカの目線で描写される事もあるがホントのバカでは絶対書けない

きっと何か大盛先輩流の表現方法なのだ 

何となく『重みが増す、貫禄がつく』あたりの表現技法だと言うことは解る

ただそれで師を理解したつもりになってしまってはオレもたかが知れている

以前ならここで知ったかぶりを決め込むところだった

そうだオレはまだまだ未熟者なのだ 大きく見せる必要がどこにあろうか


『しげゆけ しげゆくのだ どこまでも 』


天の彼方から神の声が聞こえる 

こんな時にこそ師に直接教えていただきにしげ行こう 

テント箔の本当の意味を

オレ達には自由な翼ハーレーがあるじゃないか

ビールを持って 寝袋持って 相模原まで走りだすんだ











当然 尊敬する大盛師匠んちに箔り







皆も共にしげゆこうぜ




category
男シリーズ

やばいヶ丘病院

今年になってオレの身体が誤作動を起こしている

まず春先3月に花粉症と思われる症状が出始めた

眼がかゆい 鼻水が止まらない

バカだから『放射能漏れと関係しているんじゃないか?』なんて

真剣に妻に相談したら大爆笑されたのは今ではいい思い出だ

それまでは花粉症なんて他人事だったからさ・・・

まあ市販の目薬や鼻炎薬でなんとかしていた矢先

なんだか咳が止まらなくなり夜も眠れなくなり

ひょっとして結核?

なんて疑い始めある病院へ行ったのがゴールデンウィーク明け

喘息と診断され薬を処方され、それ以降毎日服用している

服用していればなんの問題もない 全くもって無問題

ゆえにたまに忘れてしまう時もある

すると翌日は面白いように咳が出てくるのだ

オレは今後の人生 この薬と共に生きて行かなければならないのか

それでもなんかいつか直るような気もするんだけど・・・

何でタバコ止めた途端にこんな事になっちまったのか・・・

まあそんな前振りで今日もバカ日記の始まりです


ここ4~5日風邪の症状に悩まされている

ちょっと熱っぽくだるい 軽い寒気とのどの痛みと鼻づまりなど

最初は風邪だと思ってたのだが秋の花粉症かもしれないと言われ

来週はVIBES MTGがあるし直しておかないとなって事で

まあいつものヤバイ病院へ行ってみたわけですよ・・・ 


『じゃあ喘息の薬とアレルギーの薬も出しておきます』

と先生 せめて聴診器ぐらい当ててほしいもんだが

花粉症もアレルギーの一種らしいんでね

それで直れば全く無問題なんですがね


横からちょっと馴れ馴れしいいつもの看護師さんが耳元で囁きます

『TJさん アレルギーテスト受けてみたら?』

若くてキレイな女性からのタメ口はいつ聞いても心地よいものです

この看護士さん、個人的にショートカットが似合ってて素敵でヤバいです


アレルギーテストとは? 説明を聞きましたが 

まあよくわかんないけどナニに反応しているのかを調べてくれるらしい


じゃあ・・・お願いします と

『はい TJさん アレルギーテスト入りま~す』

なんだか飲み屋のお姉ちゃんに無理に高いボトル入れさせられたような気分です

次に席に着いたおネエ、いやいや看護士さんはとても艶っぽくボクの腕をとり

指先から肘の上までをさすり上げピシッとゴムバンドを装着

『結果は次回来られた時にお知らせしますね ンフ

と魅惑のスマイルで注射針を射し採血 

『また次も来なくちゃいけないのか~w』 

ニヤける中年男の鼻の下は全くもってしまりがないと相場が決まっている

はい ここの病院の看護士さん みんなキレイでヤバいです


そしてお会計時

清楚で気品のある事務のオネエちゃ・・ いやいや、女性が上目遣いで


『はい、TJさん 今日は○千970円になりますね』


よく聞き取れなかったんですが、凄くドキドキときめいて参りました

外見上は一応涼しい顔で万札を出しまして

心の中でお願いだから聞き間違いであってほしいと神に祈りながら


千と30円のお釣りを受け取りましてクールに病院を後にしました


20111001124214.jpg


聞き間違いでなかった自分の聴力を誇りながら心で泣き


『まあ楽しかったんだからいいか・・・』




どこまでも的外れなポジティブシンキングで自分を慰める週末

昼食はインスタントラーメンにしようかな

皆様はいかがお過ごしでしょうか(涙)










PS このブログは95%の真実と僅か5%のブースター効果によりお送りしております









category
男シリーズ

甘い希望

髪の長い ひげ面で 黒メガネの男がいる

手指にはドクロの指輪等の銀色とタトゥーと思われる文字記号の黒が入り混じっている

とても社会人と呼ぶには程遠い外見をしている男が

ただそこで時間の流れと戦うかのように静かに佇んでいた



時計の針を20分前に戻して見よう


ここは近所の某有名牛丼チェーン店

男は朝定食を食べるためだけにワンコインのみポケットに忍ばせてやって来た

店外の券売機にてソーセージエッグ定食の券を買おうとしていた

しかし男の500円玉は何度券売機に入れても戻ってきてしまう

券売機の左上の【よびだし】と書かれたボタンを押してみる

すると防犯装置のようなブザー音が鳴り響き、券売機は【使用中止】と表示された

しかし待てど従業員がやってくる気配などしない 不快なブザー音が鳴り響くだけ

業を煮やした男は店内に入り


『あのー 食券買えないんだけど・・・』


と声をあげた

それに対し 『またか』 

というような表情で店長らしき男がいかにもバイトっぽい若造にアゴで指示をした

やれやれという感じのけっして機敏には見えないバイトの若造が無言で男の下へやってきた

特に謝罪の言葉もなしだ

その時点で男の苛立ちが手に取るように分かった しかし男は黙っていた 

男は見かけによらず愛妻家でまさに昨晩

『これからは怒らないように意識して生きる』

と愛妻に宣言、約束をした矢先であった

それまでの短気な性格を自ら反省し生き直そうという姿勢の決意表明だった


バイトの若造がなにやら券売機内部のボタンを押すと

ギーージジジジ・・・ という機械音とともに印字された紙が出てきた

恐らく何らかのエラー表示が書かれたものなのだと思った

それをしゃがんで読んでいるバイトの若造

こちらは一応空腹で来ているのですが

ウソでもこんな時は申し訳なさそうに俊敏に行動してもらいたいものだ・・・


そしてバイトの若造が男に顔を向け気持ち引きつった笑顔で信じられない質問を投げかけた


バイト『お砂糖入れようとしましたか?』
 


この一言をきっかけに男の怒りが飽和点に達した

『はーっ?!アホかっ?!誰がそんな事するかよ テメーぶっ○すぞ!』

なぜ砂糖を券売機に詰め込まなきゃならんのだ?

いくらアナーキーに見えようが男にとって何の利にもならない小学生以下のイタズラを

この男ならやるのではないかと思ったというのかこいつは

しかもわざわざ砂糖は家から持参したというのか? 


バイトは男の鬼のような形相にたじろぎその後質問も出来なかった

結局食券は買わず店内で現金で支払うことになった

そしてその後バイトの若造は2度と男の前に姿を出さなくなっていた

多少なりと愛妻への罪悪感があり大事にはいたらなかったのは幸いだった


男はあの食券機の機能について少し考えているようだった

砂糖を詰め込まれたというエラーをコンピューターが認識したというのか

変な話【塩】とか【小麦粉】とかでも分かるのか 

テクノロジーの進歩は凄いな

きっとそんなことを考えているに違いない

男は朝定食を食しながらブツブツとつぶやいていた と、ある瞬間


はっ


と、何かに気づいたような表情をし箸が止まった



一体どうしたというのだろうか・・・



『お砂糖いれようとしましたか?』

と聞こえたあのセリフ 

ひょっとしたら・・・・・・・



『お札を入れようとしましたか?』


だったのではないかと?・・・・・

そう仮説を立ててみるとなんだかつじつまが合うような・・・

おもむろに声に出して比較してみると・・・驚くほど似ているではないか・・・

しかし『お札を入れようとしましたか?』の問いにとる態度ではなかったし

バイトくんにとってはかなり危険な中年親父に見えたことだろう



いやいや、そんなはずはない 

最初っから態度の悪い店だったじゃないか

そうだ ヤツはハナっから人を小バカにしていた  

やっぱり絶対『砂糖』って言ったよ


いくら朝の低血糖時だったからといって

ちょっと滑舌の悪いバイトの青年だったからといって

聞き間違えるはずがない 


事が『砂糖』だけに甘い希望が湧き出すのであった


そうだ アイツは確かに『砂糖』って言ったんだ

言ってなきゃ困る

男が困る 

非常に困る・・・・・



(今更なんて声をかけようか・・・・・・・・・・・)




男は真実をなかなか受け入れられないまま

時間だけが流れていくのだった

その後あの男はどうしたのだろう?

自分自身との戦いにケリをつけることはできたのだろうか

今となっては知る由もない・・・・・




-------- 完 ----------















PS


 答え 『あ、さっき勘違いしちゃった ごめんね ごちそうさま また来るね』
 
 (3・5秒内で、これ以上ない素敵な笑顔で)








category
男シリーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。