Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ウェディングキャンプ番外編

ウェディングキャンプも大成功に終え気持ちよ過ぎる秋空の元

一人また一人と会場を後にする

私も荷物を全てパッキングし終え

さ~て天気もいいしのんびり下道走って帰ろうかなんて考えていた矢先

あれ?鍵(の束)がない? あれ? あれれ???

衣類の全てのポケットをまさぐってもない 何度調べてもない

キャンプしていた周辺からトイレ、洗い場までも調べるがない

その内に周りの友人達も協力して探してくれている

『寝袋の中にあるんじゃない?』

との助言にハッとし積荷を解き寝袋内部を探索 しかしない

こうなりゃテントからイスから全てひっくり返して探索するも結果は虚しいものだった

受付に行き落し物として届けられていないか確認もした

スタッフを始め周りにいた人達が皆私の鍵を探してくれている

申し訳ない気持ちでいっぱいになる

『最後に(鍵を)確認したのはどこ?』

との問いにう~んと頭をひねらせながら・・・昨日の夜時点ではあったような・・・

う~~~ん・・・ と眉間にしわを寄せ記憶を手繰り寄せる

『家に置いて来たんじゃない?』との問いにそれはまずありえないと即答

ガレージの鍵を閉めて出て来た記憶はハッキリと残っていたからだ

しかしこれだけ探して出てこないと言う事は・・・

来る道中に落としたのかな~・・・・・・ あっ!

突然思い出した 

来るとき渋滞の高速道路の登板車線を走行中に後ろの車にパッシングされたような気がしたんだ

ん?とは思ったんだけどあまり気にしないでそのまま走ってきてしまったのだが

あの時落としててそれを後続車が知らせようとしてのパッシングだったのではないか

そうだ そうに違いない 道路公団に連絡して問い合わせてみよう

一縷の希望を抱き私は会場を後にした 

鍵探索に協力してくれた仲間達よどうもありがとう 迷惑かけて申し訳ない


小一時間鍵探索のためロスしたがまだ午前中だ

天気も文句なしだしやはり下道でのんびり帰ろうと決めた


高速道路の長所は早く目的地に着けるという位だと思っていた

雨などの天候不良の時は使いたいがこんな気持ちのいい気候の時はやはり下道を選ぶ

距離的にも100km位だし全然問題ないだろう


しかし下道には常に危険が転がっているものだ

皆もそれは感じている事だろう

いくら注意していても避けられない予測不能な危機がほらすぐそこに












P9230089.jpg





先に発っていた仲間が道端で工具を広げている光景 

何度も遭遇している自然災害である



しかも今回は半端なレベルの災害ではない

恐ろしい事にこの数メートル先にも別の仲間が




P9230087.jpg



二つの大型台風が御殿場直撃です

私もここまで危険な自然災害には未だかつて経験した事がありません 

非常に危機的な状況と言えるでしょう

だがこんな時我々バイカーは知らん振り出来ないものである事は皆も承知しているだろう

何とかするまで我々もその場を動けないものなのである

P9230090a.jpg



通りかかった仲間達は皆バイクを止め被災者に駆けよってくれる

自分に何が出来なくても仲間を黙って置いては行けないのである

『明日は我が身』 誰しもがそう思っているに違いない 


こうして小一時間は経っただろうか 

何とか1つの台風は進路をそれ自走でショップへと走って行き温帯低気圧に変わった

残る1台ももうそろそろ何とかなりそうな気配をかもし出していた

しかし現場はまさに台風の目の中でありその中にいる我々はまだ気づいていなかった

更に勢力を増し恐るべき大きさにまで増幅していた事を・・・

後にこの歴史上類を見ない大型ハリケーンは『アンチャリーナ』と命名された




P9230092.jpg


よし、押しがけだ 

大盛先輩の掛け声とともに頃合のいい坂道を利用し仲間達がケツから押す

こんな時ぐらいは力になりたい 私も力いっぱい押した

しかし何度か繰り返したがどうにも火が入らない



P9230094.jpg

振り出しに戻りまた皆で頭をひねる

外部の頼りになる知人に電話で助言を求めたりもした

しかしこれと言った打開策も見出せないまま時間は流れていく




P9230093.jpg


徐々に日も傾き始め次第に希望から絶望へと変わっていくのが仲間の表情から伺えるだろう


P9230095.jpg



ついには機械工学的見識から離れ

どこかの部族のまじない、祈り、黒魔術的な儀式を取り入れ始めた

何ドゥー教の教えなのかは解らないが昔から言い伝えられる神聖な儀式だそうだ


P9230097.jpg




非常に不思議で不可解な儀式ではあったが驚くべきその効果

次の瞬間、不安に駆られ沈みかけた我々の顔に再び笑顔が戻ったのだ

1352187165vG5mp6CKv_hxjSX_1352187156.gif

恐るべし黒魔術使い

しかしバイク自体には何の効果も得られなかったようだ



私が停まってからかれこれ4時間近く経っただろうか

この状況を何とかしなければ皆でこの場所でキャンプファイヤーをする事になるだろう

誰もがそんな事を考え始めたその時、大盛先輩が口を開いた

家に戻って軽トラに乗り換えて迎えに来ると言う

やはりどんな時でも頼りになる人だ

ありがたくて涙が出そうになったがよくよく考えてみれば私がそう思うのは筋違いだった

後日話しを聞いたらドナドナして送り届け大盛先輩が帰宅したのは夜中12時過ぎだったらしい

本当に情に熱く偉大な人だ このクソッタレな世の中で唯一尊敬できる人だ

大盛先輩の事をバカにするヤツがいたらオレは決して許さないだろう 決して




1352186205JoUeAxYb4FP_dOQ_1352186199.gif



我々も家路を急いだ

もうすでに肌寒く会場を出た時とは全く状況は変わりきっていた

すぐに闇に包まれ外灯もない山道を走るのは非常に過酷であった

ふとさっきまでのきんさん達の幸せそうな顔が浮かんできた

きんさんらの幸せはこうした我々の不幸の上に成り立っているのだと確信したのだ

メラメラする気持ちを抑えつつもようやく我が家にたどり着いたのは20時近かった

身も心も磨り減り凍えていたが、たどり着いた安堵感に包まれていた

そして私は信じられない光景を目の当たりにするのであった




F1001102.jpg

ヘッドライトに照らされたガレージの扉に高速道路で落としたはずの鍵束が・・・

どうしてここにあるのだ? 全く持って理解できずただただ呆然としていた

何か魔法がかったミステリー・・・   あ


あの時のあんちゃんの黒魔術だ 間違いない

あの人すげーな 


という訳で鍵を探してくれた仲間達には顔向けが出来ない状況なのですが

それでも今日ものうのうと生きております

皆様いかがお過ごしでしょうか



スポンサーサイト
category
スピリチュアル

がんばれ 日本

前回の当ブログの締めくくりの言葉

『がんばれ日本』でしたが

少々配慮が足りませんでした

この場をお借りしてお詫び申し上げます

だぅもさーせんした



大震災から丁度1年という事から多くのブロガーがこの1年を振り返った記事を書かれたことでしょう

とある友人の日記にも書かれておりました

特にメッセージ性などはなく当時の様子などを綴った前回の当ブログと似た視点でした

そしてその友人も最後に

『がんばれ日本』 という美しい日本語で締めくくっていた

『がんばれ』は命令ではなく応援、叱咤激励の強い表現だと思っておりました

なんだオレのブログと同じじゃんか パクったなw

なんて思うほどでした

そしてその記事に宛てられたコメントに驚かされました


その方は『がんばれ日本』という言い方が厳しいと非難され

何をがんばればいいんだ!という被災者の声も多いですから!

と!マークを付けてまで被災者の気持ちを代弁してくださっているのだ

当然テレビやらニュースやらで知った事なんかじゃなく

ご自身が活動されてきた中で感じ取った言葉なんだと理解します

それ以外の日記に対する感想評価はありません 必要ないんです

ご自分の博識を無知な民どもに知らしめる為だけに降臨されたのでしょう

特にその日記からは特定の誰かましてや被災者へ宛てた言葉とは捉え難い内容だが

我々人間には決してマネの出来ない斜め横からのミドリムシの視線で見て解釈し

ワザワザご丁寧に少し得意げに忠告されたようです

何の悪気もなくごく普通に使われる応援、激励の言葉

『がんばれ日本』をここまで負のイメージに置き換える発想力が天の人レベルです

我々のような下僕民に親近感を与える為にあえて頭の悪そうな文を選んで投稿する 

多分現世で一番神に近いお方とお見受けいたしました

この方の脳からは大勝軒のスープが泉のごとく流れ出ているに違いありません




例えば苦しい中がんばり続けているウジケさん(仮名)という被災者がいたとして

『おい、もっとがんばれウジケ!(仮名)』

と呼びかけるのは確かにウジケさん(仮名)に酷だと思います 

恐らく大好きなドリームにさえ行けてないはずですから心身ともに磨り減っております

所有する大事な陸王は震度7の揺れに耐えかね砂鉄になってしまってるはずです

それでもオレはウジケさん(仮名)に 『がんばれ』って言うと思います

実はウジケさん(仮名)のことが大嫌いだ・・・いやいや

奴はがんばれると信じているから 

というと何だかオレの株も上がりそうなのでそうしておきます



ワタシは『がんばれ日本』がこれほどまで残酷な言葉だと言う事を教わりました 

間接的にでありますが教えてくださったその方とは何の接点もありません

もっとありがたい説法をうかがいたいのですがかなわぬ夢なのでしょう

そこでワタシは小さな脳みそを働かせて考えました

罪深い行為かもしれないけど

いつでも『がんばれ日本』と言っていればいつかワタシの下にも降臨されるのではないかと

この下衆ブログにありがたいコメントをいただけるのではないかと


だから勇気を出し声を大にして今日も叫ぼう

がんばれ 日本! さあ、みんなも共に




そしてあの方から念願のコメントが入った暁には改めてお礼と謝罪の言葉


うるせぇバーカ

と返信したい願望が銀河系レベル





category
スピリチュアル

神様とニンニク

さてバイクに乗るしか能が無い皆様こんばんわ 

寒い日が続いておりますがいかがのうのうと生きてやがりますか

こんな寒い日にはアツアツの大勝軒が恋しいですね


今年もこのブログは 

芳醇な煮干の香りと高貴な柚子の風味【大勝軒】の提供でお送りいたします

ウソです いちいち信じないでください

食べログ書いて大勝軒からお金ももらってませんからね 

変な噂立てないでください


もうすでに池袋系、永福町系とも初大勝軒を済ませております

また言いますけど池袋系と永福町系は全く別のお店ですからね

たまたま名前が同じになっただけです 接点はありません多分

ちなみに間違えて読んでいる人が結構いるようなんでね

【たいしょうけん】です だいしょうけん ではありません

ちょっとおさらい 大勝軒とは ←クリック


今日は永福町系のお話し

地方の皆様におかれましては大勝軒ってどんなラーメンなんやよう解らんって

言われる方も多くいらっしゃると思います すいません

都内近郊の狭い範囲で膨大な数の信者を誇る魚介ダシの効いた醤油ラーメンの老舗

ラーメンを超えたちょっとした神の食べ物とでも思ってください




よく行く永福系列店の基本中華そばの写真を並べてみましょう


20101207162445a.jpg
永福町本店 中華麺 \1,050-

F1000012a.jpg
昭島 中華麺 \700-

F1000046a.jpg
武蔵高萩 中華そば \750-

F1000008a.jpg
狭山ヶ丘 中華そば \700-

20110204120715a.jpg
毛呂 大海軒 中華麺 \800-

F1000375a.jpg
入間市仏子 大咲 中華そば \700-

ここの店の主人は毛呂の大海軒で修行されたらしいです



ちなみにワタクシ位の上級レベルになりますと味の違いが解るのは当然で

箸で麺をつまんだ瞬間でどこの店なのか当てる自信がありますよ

そういうマニアックな番組があったらディレクターから泣いて出演を頼まれる事でしょう




余談なんですが 

永福系列店の卓上にはラーメン店にありがちなおろしニンニクがありません

何となく不思議に思っておりました

ワタクシ基本的にニンニクは大好物でして

醤油ラーメンにおろしニンニクの組み合わせなんてアナタ

仏陀にアーナンダのような絶対的信頼関係で結ばれている筈ですよ

絶対間違いないと思ってましたとある日に

どうしても永福系中華麺におろしニンニクを入れてみたい衝動にかられ

自宅ですりおろしたニンニクをラップに包んで持って行ったことがありまして

ちょっとドキドキしながらその瞬間をねらった記憶があります

やっぱり気が引けるのか店主に見つからないようにコソッとソレを投入しまして

新たなる神の領域へ足を踏み入れるのかと思いきや

初めてTVであやまんジャパンを見た時にも似た何とも言えない絶望感に襲われました

超まずい・・・恐ろしいぐらい全然合わないんですよ 

ハッと我に返る自称麺通アウトローバイカー(風味)

神への冒涜 ・・・

なんでこんな事になってしまったのか本当に愚かなことをしてしまった

大勝軒ファンの皆はくれぐれも絶対にマネをしないようにね 

つーか超不味くなってしまった中華麺(麺2玉分)を食べきらなくてはならない地獄

もしニンニク臭プンプンの食べ残しを店主に悟られたらもう二度とここへ来れなくなる

そんな脅迫概念に駆られるのだった 

もう頃合いのいい崖っぷちでもあったら身でも投げちゃおうと思ったね

まさにそれは神から与えられた試練 いや、苦行、いや、障碍(ラーフラ)

神様は常に私たちの行いを見てらっしゃるのです 解りましたね




見知らぬ街並みを歩いて偶然にも目の前に暖簾を見つけたならそれは神の降臨です

素通りは許されません 

いつ何時、例え満腹であろうが指を口の中に入れてでも入店しなさい

死ぬまでに一度でも食べられたなら、それは神のご加護だと感謝しなさい

今まで感じたことの無い幸福感に包まれることでしょう

そうです 幸福とは煮干の香りによく似ているということに気付きましたね

また、まだ食べたことが無い者は強く願いなさい

信じれば必ずかなう筈です 

貴方に神のご加護がありますように ラーメン



何故アメリカ国民は銃を所持するのでしょうか

それは彼らが大勝軒を食べたことが無いからです


何故世界各地で行われているテロや紛争は止まないのでしょうか

あれはその地に大勝軒が無いからです


何故キタの国民はあんなのを神とあがめるのでしょうか

それは本当の神 大勝軒を知らないからです


もしも地球上の海が大勝軒のスープだったならなんて素晴らしい事でしょう

国境も紛争も人種差別も無い理想的な世界になるはずです 広い意味で



我々は日いずる大勝軒の国の民

神の食べ物を知っている数少ない民族だ

世界に胸を張って堂々と生き、やがて我々は全地球人の道しるべとなるだろう


立ち上がるのだ そして

明日はどこの大勝軒へ行こうか・・・









本当にお金は貰っておりません  本当ですってば



rdb001.jpg



category
スピリチュアル

本日で終了

2011年10月28日

今日はマヤ暦で言うところの地球最後の日

来年の12月23日だって説もあるがまあそこら辺は置いといて・・・


朝Twitter上で誰かがつぶやいてるのを見て思い出した

あぁそう言えばそんな予言あったっけなー・・・


そういえば昨日次女が


『もしも明日で世界が終わるとしたらパパはどうする?』


なんて質問してきたのはこういう事だったんだね


『明日ってんじゃ時間がなさ過ぎだしなー 寝てすごすかなw』


なんて夢も希望もなく答えてしまったけどね

その後

次女『全財産使っちゃおうよ!お金も必要なくなるんだし』

TJ『明日世界が滅びるって解ってて店開けて商売するヤツなんていないだろw』

次女『え?中にはいると思うよ え~っとボランティア精神でさ』

TJ『どういう業種の人がボランティア精神で仕事するのよ?ww』


次女『えーっとね もも太郎O国とか・・・やんないかな?・・・』



天国の親父よ 聞こえたかい?

ついにアナタの孫はゲームソフト欲しさのあまり世界滅亡論を利用し始めたよ




そういえば昨日妻が目撃し眼を疑ったという

長年に渡る飼い猫の問題でモメにモメて犬猿の仲だった近所のババア同士が

なんと道端で談笑し合っていたという・・・

そんなバカな・・・信じられない・・・

『争いは無意味』と野生のババアの本能が察知し心を入れ替えたのか

それともババア同士の生き残りを賭けた戦い前の静かなるひと時だったのか


どちらにしろやっぱり世界は本日をもって終了なんですね?



悔いのないように昼食は東池袋系

20111028131655.jpg


最後の昼食をいただきに参りました

やはり特別な日なのでいつもは試したくても試せなかった事を実行した

20111028130428.jpg

いつもは100パーもりそば(つけ麺)なのですが今日は中華そばを注文

東池袋系で初めての注文です こんな機会でもなければ頼まなかったでしょう

おっと 頼んでもいないのにまたしても味たまがサービスされている・・・

やはり全国的に今日をもって閉店なのですね 確信を持ちました

おいしかったです 池袋系中華そば 




さらに帰り際に ヘヴィーロック界の神 

スティーブンタイラーそっくりのババアを見つけました

100人見たら100人がそう答えるであろう見事なタイラーっぷり

ヒョウ柄スパッツでした はい

ついに神様が降臨されたのですね

そりゃもう驚愕で唖然としてしまいました

きっと近隣の場末スナックでBACK IN THE SADDLEを熱傷している事でしょう

何故か確実に本日で終了な気分で充実してきました

imagescae463bs.jpg



気がつけばTVでアイドル歌手のバックにシドヴィシャスの美声が聴けるなんてね

いい意味で世も末ですわwww


うん 間違いなく終了ですね

読者の皆様 長い間こんなバカブログにお付き合いいただきありがとう

今回で最終回のはずです お世話になりました


またどこかあの世でお逢いしましょうw








category
スピリチュアル

FFの帰り・・・


20110910131905.jpg
20110911094356.jpg

なんと遠路はるばる和歌山から参加のRAT

思わずブルーハーツのリンダリンダを熱唱したくなるほど美しい


『またどこかで』


固く握手を交わしオレは一足先に会場を後にした




はずだったのに・・・・・・・









すぐさま再会した・・・・・












20110911125447.jpg

気分になった 


狸かキツネかネズミに化かされたような不思議な体験だった


この後、原因不明の高熱が三日三晩続いた

って事にしておこう



category
スピリチュアル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。