Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

昭和のトラウマ ~後編

前回からの続きです 前編を読んでいない方はコチラから読んでください ←クリックで開きます






そんなある2学期後半の運命の日 5時間目 体育の授業中 

相撲 だったんですね 

ちゃんとした正式な授業科目だったのかちょっとしたレクリエーションだったのかは覚えてないんですが

なんだかトーナメントでクラス全員が相撲をとるんですよ

言ったとおり私は運動神経抜群ですから誰とやっても負け知らずですよ

そりゃ正直楽しいですよ ちょっと調子に乗ってたかもしれませんよ ええ

私にとっては半分遊びの感覚で超楽しい授業だったのですね

しかし授業を見ているゴリラの機嫌がなんだかとても悪そうで、皆ピリピリしてたんです

案の定ゴリラは授業を中断し、私たちを集合させ怒号を飛ばすのである


『お前ら、真面目にやれ』


一気に私語と笑顔のない修羅場授業と化すわけです

私も一体どうやったら真面目にやってるように見えるか模索しながら楽しい相撲をとってるんですよ

とにかくニヤニヤしないように気をつけながら


するとさっきよりも殺気を帯びた怒声が校庭に響き、生徒達は恐怖の視線をゴリラに集めるのだった

ヤバい この怒りは通常ではない 恐らく今までの中でも最大級である

これは間違いなく誰かがヤラれる 複数人 もしかしたら全員なんて事もあるかもしれない

そこにいた全員がそれぞれ最悪の未来予想図を描いていたはずである

私もさすがに緊張をしていた 背筋に悪寒を感じブルブルと震えていたのだ

何故かは解らないのだが、こういう時に真っ先に怒られるという実体験を過去にも持っていたからだ

もしかしたら調子に乗ってヘラヘラしてたのがゴリラの逆鱗に触れたのかも知れない

私たち全員、固唾を呑んでゴリラの次の言葉に耳を傾けるのだった



『TJ こっちに来い』




恐ろしい口調が私の耳の中でくり返しこだましていた

多くの生徒達を押しのけ、私の未来予想図最悪バージョンが採用されたようだ


や、やっぱり  オレひとりですか 


今でもハッキリと覚えている

足が震えていたんだ

一歩足を運ぶ都度ブルブルと恐怖の旋律が電気信号となって全身を走る

その足でゴリラの立つ砂場まで、まるでストップモーションのように歩み寄っていったんだ

潤い過ぎた視界には仁王立ちするゴリラが陽炎のように揺らいでいた

頭の中は真っ白だった その反面、体はビリビリしびれて異常に熱くなっていた




『先生と相撲をとれ』



全く言っている意味が解らなかった

ただ今まで最大級の恐怖であったビンタよりも更に上を行く仕打ちが待っているということは予想できた



薄れていく意識の中 オレはゴリラと相撲をした

勝てるはずのない相手に 全力でぶつかっていった

誰か母さんに伝えてくれよ 水戸黄門を観て待ってるはずさ

ちょっと甘えるかもしれないけれど 必ず泣くからそこで待ってろよ


全力でぶつかってもビクともしないゴリラの懐の中

1秒後に自分がどうなってるかも判らない恐怖で心臓の鼓動メーターは8000rpmを指していた

気が付くとゴリラは私の頭上から全生徒に向かって何か怒声を発していた





『お前らよく見ろ これだ お前らにはTJのようなガッツが無いんだバカヤロウ』












ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!









ゴリラは本気で身体ごとぶつかる事のない当時の現代っ子を見て嘆き怒っていたのだ

ゴリラの凄まじい怒りから、この私だけは除外されているという事実にやっと気付いたのだった

というかゴリラがあんなに怒りオーラを出していなければ皆もっとノビノビと出来たんじゃないかと今になって思います


以下が私の心の声だ


なに?まさかこの状況からの大逆転かよ 

は~~~~ ウソだろ勘弁してくれよ こういうことは先に言ってくれよ もー でもよかったー

アンタが書いたシナリオ通りにオレが動かなかったらどうするつもりだったんだよバカヤロウ

オレだって萎縮するんだ 出来る事なら逃げ出したかったんだよ でもよかったー

こんな大役を事前の打ち合わせも無く遂行できたのは奇跡と言えるんだぞ

っていうかほぼドッキリカメラじゃんか マジで勘弁してくれよ でもホントよかったー・・・


しかし、ここでハッピーエンドとはならない ならないのだった


本来ならここで得意げに胸を張りたい場面なのだが、困った事に私には出来ない理由があったのだ

何故なら通常より5倍強の暖かく高貴で神聖なものがすでに尿道の先端から流れ出た後だったのだ

それは子供ながらに、恥ずかしい大きなシミとして外部に漏れ出している事をハッキリ自覚できる量であった

これはおもらしではない もっと高貴で神聖なものなんだ という男の美学を

あいつら小3レベルの脳みそで理解できるはずもない

おもらしにせよ、高貴で神聖なものにせよ、結果は全く寸分狂いなく同じ視覚効果を持つのだ


もし望むなら・・・・ 誰にも悟られる事なく隅っこの方で小さくなっていたいのだ 

そっとしておいて欲しいのだよ 解るだろう


こうして無事に誰一人としてビンタを食らう事無く、そして私はクラスメート全員から

『ガッツのあるおもらし野朗』 と印象付けられ、たたえられるのであった


残酷過ぎるぞ このゴリラ


もしも私が今、『貴方の人生での修羅場はどの瞬間ですか』

と問われたなら、迷わずこの瞬間と答えるであろう


しかし不思議な事に、今までの長い学生生活の中で多くの教師と出会ってきたが、

人間的に一番好きだったのはこのゴリラ先生だったなと振り返るのである

ちなみにゴリラは4年生になってもまた私の担任だったという事実を、この時点ではまだ誰も知らない

私は長い歳月をかけようやくこのトラウマを克服する事ができた

こんな面白い話しを私個人のトラウマにしておくのはもったいないだろう

私の愛する人達がこれを見て笑顔になってくれるのならそれだけで満足です 

ええ、『ゴリラ先生ありがとうございます』 と今なら言えますよ あーちくしょう


以上 その後の人格形成に大いに影響を与えたと思われる『昭和のトラウマ』でした

ご清聴ありがとうございました











スポンサーサイト
category
昔話

昭和のトラウマ ~前編

それは過去のトラウマの記憶

今でも鮮明に蘇る特別な瞬間

私は小学3年生 時は2学期後半

全クラスメイトの視線が集まる校庭の砂場 

私は顔を真っ赤にし担任の男性教師と相撲をとっていた

男性教師は私の頭越しに大声で何かを怒鳴っていた

ああ 私はどうしたらいいのだろう  どうしたら・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昭和50年 春

小学3年1学期初日

体育館に真新しいクラスメイトと整列していた私、少年TJは落ち着きがなかった

壇上に並ぶ3学年担任7人の中で誰が自分の担任になるのか気が気ではないのだ

私は眼をつぶり手を合わせた


『お願いします神様 女の先生にしてください』


子供らしい素直な願いであった


『最悪、あの眼鏡の大人しそうな先生(男)にしてください』


子供らしい切実な願いであった


『死んでもあの超恐そうなゴリラだけはやめてください』


具体的な例を挙げて神様にもわかりやすく丁寧に説明した願いであった


にも関わらず神様はナニを勘違いしやがったのでしょうか

あんなに判り易く言ってやったのに

アナタのせいで1年間も恐怖生活を強いられるのです


ゴリラ(仮名)が私の担任になった

想像していた通り、最悪な状況の想像通り、担任は体育会系の体罰教師だった

大げさでなく本当に恐かった 小3レベルにいてはならない存在だった 

少年TJはその体罰の格好の餌食となってしまうのである


まず忘れ物が一番多かった

宿題、提出物、教科書、ノート、体育着、上履き、名札にハンカチ

私はありとあらゆるものを気持ちいいくらいに忘れてくる少年だったのだ

そしてイタズラや悪ふざけを誰よりもこよなく愛する少年でもあった

当然ながら人一倍その風当たりは強かったのだ

良くて怒号 次に出席簿で頭を叩かれる 一番恐ろしかったのは平手打ち 通称ビンタだ

ビンタといっても20代前半のかよわき女性教師のビンタだったらまだ心は折れませんよ

鍛えまくったふくよかな上腕二等筋から振り出されるキャッチャーミットみたいな平手ですよ

それを『ばかやろう』という怒声と共に私達のいたいけな頬にヒットさせるのです

叩かれた生徒は涙を流しガタガタ震えるレベルです

私は一応男らしいとされる部類でしたので涙はこらえて流しませんでしたが

尿道の先端から暖かいモノがごく少量湧き出す程度のショックはありました

人間とは許容範囲以上の恐怖を目の当たりにすると

尿道先端から暖かい何かがほとばしる様に出来ているのです

しかしあまり量を出してしまうと内部布生地から外部布生地表面に滲んでシミとなって現れるため

『おもらし』と勘違いされ馬鹿にされてしまう危険性はあった

おもらしは不注意や無意識やうっかりの賜物であると心得ている それとは全くもって真逆なのだ

これはおもらしではない これはもっと高貴で神聖なものであるはずだ  べきだ

あらぬ疑いを避けるためにも我々はズボンの股間部分には絶対に濡れ染みを作ってはならなかったのだ


全国の小学3年生の中でここまでの恐怖を味わっているのは絶対に私達、いや、私だけだ

クラスの中で群を抜いてビンタを受けているのは私なのだから

しかしこのゴリラ(仮名)優しくて面白いところもあった 

ゴリラ(仮名)はプロレスが大好きで、同じく大好きだった私とよくその話しで盛り上がった

金曜と土曜にプロレス中継(新日本と全日本)が放送されていたのは知っていたが

月曜の夜にも国際プロレスというものがやっている事を教えてくれたのはゴリラ先生だった

そして私は運動神経が良かった それしかとりえがないと言っても差し支えない

体育部門だけはクラスのリーダー的存在だったと言える自信がある

その部分だけはそれなりにゴリラ(仮名)に眼をかけてもらったのは言うまでもないだろう

先生に褒められるのもまんざら悪いもんじゃないと思えた


しかし相変わらず毎日のように天使のような忘れ物を繰り返し、ビンタの恐怖に脅える日々は続いた

考えてみたら『恐い』と『優しい面白い』という相反する人間性だが

よく女子らが言ってましたよね

『ちょっと恐そうなイメージがあったんだけど意外に優しい一面があって、そのギャップに惹かれました』

なんてね  へ、しゃらくせえ

そのギャップなんですよ そのふり幅の大きさで騙されるんですよ

例えばあのゴリラ(仮名)があんなに恐ろしくなければですよ

その『優しさ面白さ』だけ取り出してみたら もう全然大した事ないんですよ 

まだスネ夫の方がマシって感じでしょうか

毎日フリーザ級の恐ろしさを振りかざし、たまにスネ夫程度の優しさですよ

ええ、思いっきり騙されますよ 小学3年生をなめないでください 






suneo.jpg







       ~ 後編へ続く ~



category
昔話

罪の意識

始めに 

諸事情により文中には特定の固有名詞の記載は控えさせて頂いております




日光のソコに行きたいと言い出したのは妻だった

私は『ついにその日が来たか』と心の中で呟いた

妻は今までそこには行った事がない

しかし私は小学校の修学旅行で訪れたことがあるのだ


いつかまた行かなければならない

そんな宿命を負って今まで生きてきた

実に34年ぶりに約束の地へと降り立ったのである




014_20130707114800.jpg



出来る事なら忘れてしまいたかった約束

しかし34年間その固有名詞を耳にするたび、

あのおぞましい約束がフラッシュバックするのである


照明もない薄暗く古い建造物があった

そこには一人のあどけない少年がいた

少年は屈託の無い笑顔を私に向け一方的にこう言った


『いつか大人になったらまたここに来てボクを見つけて 絶対約束だよ』


ちょっと待ってくれ 一体何の事だ と言うか君はどこの誰なんだ?

少年の胸元に眼を落とすと小学校の名札があり

そこに書かれた名前はなんと私自身であった

おいちょっと待て そんな事やめろ おい・・・ 


そんな白昼夢を何度となくみてきた

すると私の記憶の奥底から断片化したビジョンが甦るのである


古い建造物の格子から右手を突っ込み、見えない裏側に感覚だけで何かを記した

何を使って記したかはよく覚えていないが何十年経っても風化しないという自信があった

少なくとも『鉛筆はすぐ消える』という想いが子供時代にはあったのでそれではないと思う

それ以外の筆記用具なのかクギとか何かの尖った物なのか・・・

とにかく通常では人の眼に触れない箇所である

目印は頭上の『猫』だった


まだ若いうちは何を使ってどこに何を記したという記憶もあったかと思う

しかし長い年月と共に私の記憶もゆっくり風化してきてしまったようだ


今の私には罪の意識がある 残念な事に子供の頃は無かったようだ

後に世界遺産登録されるほどの歴史的建造物に、34年前私は一体何をしたのか

何をしたのかハッキリした記憶がないのに罪の意識はあるという事なのだ

この際どうしてもハッキリさせたかった


妻に付き合いゆっくり観覧してはいるが気になるのは『猫』の事だけだった

そしてついにあの『猫』を案内する看板を発見した

私は神妙な面持ちでゆっくり歩み寄って行った

016_20130707151705.jpg




『ちょっと、 上だよ』

へ? な、何が?


妻に呼び止められ一瞬何の事か解らなかったが驚いた事に頭上にはあの『猫』がいた

私はうっかり気付かずに通過するところであった

017_20130707151126.jpg

え?な、何で? え? そんな馬鹿な?・・・・

しばしうろたえた 

他の観光客から見たら異様にうろたえているただの不審者と映ったことだろう

何故ならそこは私が見てきた約束の地のビジョンではなかったのだ

neko.jpg

猫の下には格子と壁があるはずだった そこに何かを記したはずだったのだ・・・

あのビジョンは絶対にここではないと断言できる状況だった


『(これの他に)まだ猫いるっけ?』

小学生にも笑われそうな質問を妻に投げかけた


しばらくして状況を理解し始めた

そうか あのビジョンは夢だったんだ なんだ・・・

長年そんなものに捕らわれていたのか

なんだよ畜生 今までのオレの罪の意識返してくれよ


どこどこの学生が世界遺産に落書き とかのニュースを見る度に胸が痛かった

社会的見解とか関係なく、造った人達それを維持してきた人達へ対しての罪の意識であった

その罪自体が幻だったとは、呆れると同時に何とも言えぬ開放感に包まれるのだった

気持ちがすーーっと楽になり 何度も安堵のため息がこみ上げてきた

来て良かった いや、もっと早く来るべきだった



その後は普通の観光客に成り下がり(成り上がり?)普通に歴史的建造物を眺めて楽しんだ

020.jpg
狛犬とKillerのツーショット撮ったり
025.jpg
030.jpg
つい最近テレビでみたやつだ オランダから献納されたアレだ

葵の紋が逆さまになってるんだがあまりの出来の良さに ってヤツだね

028.jpg
素晴らしい建造物ばかり 

子供の頃はあまり感じるものは無かったが大人になって行くと結構感動するものだ


あらかた見物も終えそろそろ宇都宮へ向かおうかと思い始めた頃

ある建造物の前で少年に呼び止められた気がして立ち止まったんだ


037.jpg


『クスクス・・・違うよ 目印は猫じゃなくて猿だよ』


背筋が凍る思いだった

確かに頃合のいい格子もある

そんなまさか・・・


私は反射的に格子に手を突っ込みカメラのシャッターをきった



038z.jpg

しまった フラッシュが点かない

カメラの設定をやり直してもう一度撮ろうとしたが妻に止められた

あまりにも不審行為だと 確かにそうだ オレがやると更に怪しさ倍増だ

しかも『何をしているんだ』と聞かれて

『いや、多分昔ここに落書きしたのでそれを確認する為に写真を撮っただけです』

って本当の事を説明するのもかなり気が引ける状況だ


ちょっと待ってくれよ なんなんだよ・・・

正直な話、もう何が何だか解らない 解らないのである

やったのかやってないのかさえ解らない



家に帰ってきてからもう一度記憶を手繰り寄せてみたが

猿のところって内側に人が入れる感じでしょう 

そういうとこは選んでないと思うんだよな

記憶の中ではうるし塗りの赤い格子で

建て替えでもしない限り人目にはつかない所だった気がするのだ

それもハッキリ断言は出来ないのだが



どうだろう 

この際 やってなかった という事で丸く治めないかオレ

あれは夢だった そう言われてみたらそうだ そんな気がするんだ

子供のオレにそんな度胸は無かったはずなんだ 

もうこれ以上引きずらなくていいだろう

そうさ


34年前オレは何もやってないよな



011_20130707182717.jpg




category
昔話

いいか1回しか言わねぇぞ

今から30年も前の事

筆者は高校1年生だった

近隣の学校の中でもっとも偏差値の低い県立高校

特段なにかの分野で秀でる事などまず皆無なバカ校である

貧乏で知性品性のかけらも無い生徒たちが収容されている

ここでは吸っているタバコのニコチン含有量が高ければ高いほど自慢になるという


筆者は1年3組という組織に所属していた

このクラスには5人のいわゆる不良どもがおりいつもつるんでいた

筆者もその5人の中の1人であった


ある日の科学の授業で生徒たちにメス(手術等で使用する)が配られる

ナニを解剖したのかなどは覚えていないが

日常的に手癖の悪い不良どもは学校備品であるこのメスを懐へとしまいこむ

『学校備品はオレの物 オレの物はオレの物』

幼少の頃から剛田武先生の背中を見て育った不良たちにとってはごく当たり前の行動だった

しかし筆者だけは盗らなかった

罪の意識とかそんな事ではなくメス自体に何の魅力も執着も感じなかっただけだ

むしろ刃物恐怖症と言えるだろう

刃物の取り扱いが下手で子供の頃から何度も出血を繰り返していたからだ

彼らはあのむき出しの刃をくすねてどうするつもりだったのだろう

ポケットなぞに入れてたらまず悲惨な事になるだろうし


科学の授業の次は体育の授業だった

軽く校庭を走った後、体育教師の前で整列をし体育座りで教師の話に耳を傾ける


余談ではあるがこの体育教師Sの風貌は傍から見たらまず堅気には見えないだろう

常に眉間にシワをよせ威圧的にしゃべるSはどの生徒からも恐れられる存在だった

到底知性という言葉が似合わないSはいかにも以上の体育教師である

世に体育教師という職業が無ければSは犯罪者になるしかなかったであろう

Sの口癖があまりにも矛盾している点に当時誰も突っ込みを入れる者などいなかった


S『おいお前ら1回しか言わないからしっかり聞けよ いいかぁ

後になってワタシは聞いてません僕は聞いてませんなんて絶対認めないからなぁ

いいかぁ  はい、じゃあもう1回言いまーす 』



ある日の室内での自習授業の時、あまりにも騒がしくはしゃいでいたクラスに怒鳴り込むS

S『お前らよぉ いつまでもガキじゃねぇんだからピーチクパーチク騒いでんじゃねぇよ

ったくガキのくせに 』



話を元に戻そう

Sは般若のような顔で生徒たちをにらみつけながら話を始めた


S『前の科学の授業でメスが数本紛失したそうだ

心当たりのある者は立て』



一瞬で空気が凍りつき沈黙の時間が流れる

不良たちも沈黙を守っている

当たり前だ 何があっても一番自首したくない相手なのだからな


S『名乗り出るまでずーっとこのままだぞ 日が暮れても絶対帰さねえからなぁ』

クラスメイトに動揺が広がるのが空気で読み取れた

この攻撃についに観念した1人がオズオズと立ち上がった

1人が立てば後は芋づる式だ ため息まじりで次々と立ち上がる不良たち

広い校庭の中、犯人4人全員がうつむきながら立っている

・・・・・・・・・・・・・・・

立っている・・・・・・・・・・・・・・・・



まだ沈黙が続いている・・・・・・・・・?




どうやら筆者が立つのを待っているみたいな雰囲気

いつも5人でつるんでいるからって理由だけで犯人扱いです

えっとね、確かH君が2本くすねてたんですよ

だから一人分の数が合わないって事なんでしょうが

お一人様一本までなんて万引きのルールはないでしょうがこのバカ教師

やってもいない事なんで当然体育座りのままです 当たり前でしょう

それなのにナニ?この雰囲気

この期におよび一人だけシラを切りとおす卑怯者に見えてるんですかこのボクが?

クラスメイト全員の神経が筆者に集中しているのがよく解ります

早く立てよ と


犯人グループのH君が『4人で全員です』とバカ教師Sに申し出る

クソ体育教師S口は『もう一人いると思ったんだがな』と筆者に視線を向け吐き捨てた

おいおい、それって筆者が仲間に庇われたとでも思ってんのかこのゴキブリ野郎Sキグチ

そんなこんなで筆者の人格形成は着々と進行していったのでした


まあ疑われても仕方のない素行だったと言う事でしょうね

今ではいい思い出です


ってなる訳ないだろうが

今になってクソ野郎Sのとこ行って思いっきり説教してやりたい気持ちですわw


その後犯人4人は連行されその日は帰ってきませんでした

翌日皆坊主頭で登校してきました それがこの学校のやり方なのだ

なんだか4人には妙な仲間意識が出来ているようで筆者だけが疎外感を感じたものです

悪い事していないのになんだか踏んだり蹴ったりだったなぁ



30年前は魅力も無かったメス

今筆者は無性にメスを欲している

もうメスが無ければ生きていけないほど

誰でもいい オレにメスをくれ・・・

今の仕事で使うのですが、そのメスのしまい場所を忘れて散々探しまくっていた

メスメスメスメス言いながら

どこ行っちまったんだーメス・・・そういやぁあんとき・・・

ふとそんな青春の1ページを回想したのでした


みなさまいかがお過ごしでしょうか


剛田武

category
昔話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。